RF探検隊

このブログは、かっぱの不思議な小説です。実際のRFでは、こんな話はありません^^; また、登場人物の方々についても、実際の性格を反映している訳ではない事をお伝えしておきます。

  スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  BD(バトルダンジョン)物語


「BDで~しませんか?その3」

「ヘビークラッド様。アーマードファサーと私、ダーククラッドはどういたしますか?」

3人のアルバイトが決まり、ようやく人員不足が解消されようとしていた。

しかし、ダーククラッドが言うとおり、まだ決まっていない着ぐるみやロボットがある。

「心配するな。それについては、すでに手を打ってある。お前の代わりについては、バイトに掛け持ちしてもらう。」

確かに、出番の無いアルバイトを他にまわせば、ダーククラッドの心配も解消される。

だが、混雑している時間については…?

「お。丁度いい。このモニターを見てくれ。」

ダーククラッドの心配をよそに、ヘビークラッドはモニターの画面を付けた。

”ガヤガヤ…ハッ!トォ!…”

モニターに映し出されたのは、ノバスのショッピングセンターにある、ゲームコーナー。

買い物客が、ゲームやクレーンゲームを楽しんでいる。

「ねぇお父さん!これやりたい!」

「しょうがない奴だな…お手元、これで最後だぞ?」

一人の男の子が、座席の着いているゲーム筐体に座った。

飛行機の操縦桿(そうじゅうかん)らしきものを握り、その男の子は父親がコインを入れるのを待った。

「…ヘビークラッド様…これがなにか?」

一体何の事か分からないダーククラッドは、いぶかしげにヘビークラッドの方を向いた。

「ふふふ…まあ見ていろ。ほら、丁度ファサーBD(バトルダンジョン)が開いたぞ。」

ヘビークラッドの言うとおり、ファサーBDの使用中ランプが点灯した。

「え、ええ。しかし…」

ダーククラッドは何かを言おうとしたが、真剣にモニターを見ているヘビークラッドに、これ以上声を掛ける事が出来なかった。

さて、ゲームコーナーでは…

「あ!お父さん始まった!見てみて!」

”Mission Start”の文字と共に、そのゲームは始まったようだ。

そしてダーククラッドは、男の子の次の言葉に驚愕した。

「周りにファサーαがいっぱいいるよ!」

そう。ダーククラッドがその画面をよ~く見ると、見慣れた風景が。

「へ、ヘビークラッド様!これはまさか!?」

「ああ。そのまさかだ。これは、アーマードファサーβの遠隔装置だ。」

なんと、単なるゲーム機と思われたそれは、アーマードファサーβを動かすためのものであった。

「これなら人手が足りなくても大丈夫だし、なによりお金が入る!」

自信満々に語るヘビークラッド。

「さ、さすがヘビークラッド様!恐れ入りました!」

ダーククラッドは、ただひたすらヘビークラッドに頭を下げるのであった。

そう、この時は…

後にダーククラッドは語る。

「ええ。まさかこんな落とし穴があったとは…この時は想像もつきませんでした。」

続く。
スポンサーサイト

   コメント

ゴルァ!

また続くのかー!
1話完結させろぉぉぉぉ!w

 さすが・・・この話にネタ切れってのはなさそうっすね。
日々なにか発見がありあそう。

なすかさん>
す、すみませんw1話完結で、本当は1回だけの予定だった「BD物語」…毎日BDをやっていると、どんどんネタが増えて1話完結すら難しくなってしまいました^^;
キリのいい所で、1話完結型にしますw

しめじさん>
ええ・・・ネタが切れなくて、別の意味で困っています^^;週一では追いつけません^^;

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

プロフィール


かっぱくん

Author:かっぱくん
4サーバー CALLISTOにて生息中の妖怪

頭のお皿は、宇宙から落ちてきた物だと言う噂…



(C)1999-2005 CCR INC, ALL RIGHTS RESERVED. Published by SEGA


最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



過去ログ



カレンダー


09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


ブロとも申請フォーム


この人とブロともになる


ブログ内検索



RSSフィード



リンク


このブログをリンクに追加する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。