RF探検隊

このブログは、かっぱの不思議な小説です。実際のRFでは、こんな話はありません^^; また、登場人物の方々についても、実際の性格を反映している訳ではない事をお伝えしておきます。

  スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  BD(バトルダンジョン)物語


「BDで~しませんか?その2」

”プルルルルル…”

連日連夜の会議で、うたた寝をしていたヘビークラッドは、電話の音で目が覚めた。

「は!いけないいけない…はい、ヘビークラッドです。え?アルバイトですか?はい!今すぐきてください!」

なんとそれは、BD(バトルダンジョン)アルバイトの連絡であった。

ヘビークラッドは早速ゲートを開け、その冒険者が来るのを待っていた。

”ウニョウニョ”

いつに無くうきうきしているヘビークラッド。その動きも軽やかだ。

10分ほど過ぎて…

「あの~、ここでいいんでしょうか?」

一人の冒険者がやってきた。

「あ、はい!ここです!ささ、どうぞ座って。」

その冒険者は促されるまま、BDの床に座った。

”い、椅子くらい無いのか…”

その冒険者は、少々不機嫌な表情を見せている。

「ささ、まずはお名前からお願いします。」

「私の名前ですか?ブ○イ○(個人情報保護のため、一部伏字になっています)です。」

ふてくされた声で答える。

「はい、○レ○クさんですね。ではアルバイトの内容ですが…」

しかし、そんな事を気にしていないヘビークラッドは、テキパキと説明を始めた。

内容はこうだ。

”BDへ侵入してくる冒険者達の相手をする事。

ただし、数種類の着ぐるみやロボットを使い、中身の存在を悟られないように注意。

一時間100,000ディセナ。BDクリアを阻止した場合は、一回につき500,000ディセナを上乗せする。”

「…そ、そんな面白い事が出来るんですか!?」

○○イクは、いつの間にか身を乗り出して話を聞いていた。

「ええ。で、今空いている着ぐるみたちは…全部ですね。どれかお好きなものを一つお貸しします。」

ヘビークラッドは、着ぐるみ・ロボットリストを持ってきて、その冒険者に見せた。

ブラッドトーンアッシュ・ダーククラッド・ヘビークラッド・アーマードファサーβ・アーマードホボブレード。

どれもピットボスである。

ブレ○○は、迷うことなくビシッと指を指し、

「ブラッドトーンアッシュでお願いします!」

こうして、BDのアルバイトが一人決まった。

その後、幸運にも二人のアルバイト申込者があった。

「ええ、アーマードホボブレードをお使いですね。」

アーマードホボブレードを選択したのは、K○uUraki(個人r

その次に来たのは…

「え!あなたは…すいません、お名前から男性の方だと思っていました。」

「いえいえ…よく間違われるんですよ。誰もピ~(個rとは最初読んでくれません。」

彼女が選んだのは、ヘビークラッド。

話を聞くと、最近商売の売り上げが下降気味で、生活に困っているそうだ。

さて…ヘビークラッドの策は成功するのであろうか…?

続く。
スポンサーサイト

   コメント

なぬ!?

また続くのかぁぁぁ!w

なすかさん>
ええ、すいません。まだ続くんです^^;
毎日やっているBD。大体同じ顔ぶれなのですが、そうなると会話が弾んで^^;
ネタが増えていくのです!w

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

プロフィール


かっぱくん

Author:かっぱくん
4サーバー CALLISTOにて生息中の妖怪

頭のお皿は、宇宙から落ちてきた物だと言う噂…



(C)1999-2005 CCR INC, ALL RIGHTS RESERVED. Published by SEGA


最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



過去ログ



カレンダー


05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


ブロとも申請フォーム


この人とブロともになる


ブログ内検索



RSSフィード



リンク


このブログをリンクに追加する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。