RF探検隊

このブログは、かっぱの不思議な小説です。実際のRFでは、こんな話はありません^^; また、登場人物の方々についても、実際の性格を反映している訳ではない事をお伝えしておきます。

  スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  ノバスの昼下がり~愛多き男の苦悩~


最終回「陰謀、破れる」

ロング夫妻とエルフェは、焔ちゃんの家の前に来ていた。

「まずは、私とエルフェで行くから、あなたはここで待ってて。」

「あ、ああ。わかった…(ガクガクブルブル)」

ロングは、言われるままに、家の影に身を隠す。

それを確認した後、エルフェがドアを叩いた。

”トントン”

「は~い?どなた?」

中から焔ちゃんの声が聞こえた。

「私です。エルフェです。今日は、お姉ちゃんも一緒です。」

感情を抑えた声で話すエルフェ。

心の中は、ものすごい炎に包まれているはずだ。

その姿に、ロングはまたもや恐怖を覚えた。

「え!?わかりました!どうぞ、お入りください!」

予定外の訪問に、焔ちゃんは少々驚いたものの、チャンスとばかりに二人を招き入れる。

それを聞いて、DarkMelとエルフェは、焔ちゃんの家へと入っていった。

”バタン”

一人暮らしである焔ちゃんは、2LDKのマンションで生活している。

どの部屋もきちんと整理され、DarkMelとエルフェは、思わず感心してしまう。

”本当にこの人が、うちの人を騙しているのかしら…”

そう思わずにいられない、DarkMelであった。

「こちらへどうぞ。」

二部屋あるうちの一つは、客間にしているようだ。

部屋の真ん中には、長テーブルが置かれていた。

焔ちゃんは、座布団を二枚敷き、DarkMelとエルフェはその座布団の上に座った。

「今お茶を持ってきますね。」

焔ちゃんは、そのまま台所へ行こうとするが…

「ああ。お構いなく。先に聞きたい事があるので…」

DarkMelが制止した。

「え?先に聞きたいことですか?」

そう言われて、焔ちゃんは二人の向かい側に座った。

「このたびは、うちの人がご迷惑をおかけしたようで…すいませんでした。」

DarkMelは、最初に頭を下げた。しかし、これはこの先の作戦のためである。

「いいえ。とんでもありません。ただ、私はこの子のために何とかしたくて…」

焔ちゃんは、お腹をさすりながらDarkMelとエルフェの顔を見つめた。

「そうですね…ところで、お医者さんでは何ヶ月といわれたんですか?」

今度はエルフェが、口を開いた。

「3ヶ月目に入るそうです。ああ…パパがいないなんて、不幸な子です…」

焔ちゃんは、目を潤ませた。

「…分かりました。ちょっと電話をしますね。」

DarkMelは携帯電話を取り出し、電話を掛けた。

「あ、先生ですか?ええ。この間はどうもありがとうございました。」

電話の先は、Drメフィスト。

コラの医者は、彼一人しかいない。

数分、雑談が続く。

”なんでわざわざ、私の目の前で医者に電話なんかを…”

焔ちゃんは、少々イライラしながらその姿を見る。

「ええ。ところで先生。実は私のお友達が、おめでたらしいんですけど、教えてくれないんですよ。え?ここ数ヶ月そんな患者はいない?」

(実際、そういう事を話すお医者さんはいないです^^;)

サッと顔を青くする焔ちゃん。

”しまった!それを確認するためか!”

「はい。では失礼します。お忙しいところ、すいませんでした。」

”プチ”

電話を切った後、DarkMelとエルフェは、焔ちゃんを睨んだ。

「…と言うことですが、一体どういうことでしょう?」

目を泳がせる焔ちゃん。

「え?わ、私は別のお医者さんで診てもらったので…」

確かに、ベラートにもアクレシアにも医者はいるが…

「…もうわかっているんですよ。うちの人とあなたの間に、そのような行為はなかったと。」

「お義兄さん、入ってください。」

DarkMelが電話をかけている間、エルフェはロングに連絡を取り、玄関に入っている様指示を出していた。

「…焔ちゃん…なんでそんな嘘を…」

残念そうな表情をしながら、ロングが部屋に入ってきた。

「しゅ、主任…」

”しまった…このままでは…あ!そうだ!”

焔ちゃんは突然立ち上がり、部屋を飛び出した。

「焔ちゃん!」

ロングは追いかけようとしたが、焔ちゃんは自室へ入って、鍵を掛けた。

”どこ!?あの写真はどこにしまったっけ!?”

ガサゴソと部屋をあさる焔ちゃん。

一体、あの写真とは…?


”あった!これよ!これさえあれば、逆転が出来る!”

焔ちゃんはそう確信して、客間へと戻った。

「ロングさん!この写真を見て!あなたの奥さんは、こう言う人なのよ!」

焔ちゃんから差し出された写真を、ロングは受け取って確認した。

20060424194544.jpg


「…これが?」

しかしロングは、焔ちゃんの思っていたような反応ではなかった。

「なに?どんな写真なの?」

DarkMelとエルフェも、その写真を覗き込む。

「いつものsaegalさんと、私の写真でしょ?何か問題ある?」

目をキョトンとさせながら、DarkMelは焔ちゃんを見た。

なぜ平然といられるのだろう?

焔ちゃんは頭が混乱した。

「え?だって…saegalさんと奥さんが、抱きつこうとしている所ですよ!?」

しばし沈黙の後

「あ~はっはっは!それがいつものsaegalさんなんだよ!メルはいつも、さらっと受け流してるけどね。」

ロングは大笑い。

「そうよ…ほんと、外で偶然会うたびにこれなんだから…」

DarkMelも”やれやれ”といった表情。

saegalは、ロングとDarkMelが一緒にいても、同じ行動を取るのである。

「焔ちゃん。あなたの負けね。お義兄さんの事はあきらめなさい。」

笑顔で話すエルフェ。

焔ちゃんは、ガクッとしゃがみこみ、無言となった。

「…焔ちゃん。そういう事だ。じゃ、失礼するよ。」

三人は、焔ちゃんをそのままにして、家を出たのであった。

”く、くやし~!でも、こんな事ではあきらめないわ!”





「ねぇあなた。焔ちゃんの嘘はばれたけど、あなたのした事を許したわけじゃないのよ?」

帰り道、DarkMelは安心した表情で歩いてるロングに、厳しい表情で話した。

「え?焔ちゃんとはこれで終わったから、許してくれたんじゃないのか?」

ロングは急に、顔が恐怖で引きつった。

「…甘いわよ…今回はエルフェにも迷惑をかけているんだから…」

「そうよ、お義兄さん!簡単には許してあげないんだから!」

エルフェも、怒りの表情。

「え、ええ!?す、すまない!なんでもするから、許してくれ!」

涙声になって、ロングは必死で謝った。

「そこまで言うなら…そうね。私前から、あそこへ行きたかったの。」

DarkMelは一つの本を取り出す。

その本は、有名飲食店ガイド。

パラパラとページを開き、ロングに突きつける。

「なになに…ええ~!!こ、この店って…あ、はい…わかりました…今度僕のおごりで、お食事しましょう…」

二人に睨まれ、ロングは渋々承諾。

DarkMelとエルフェは、満面の笑みで喜んだのであった。

”くぅ~…痛いな~…こうなったら今度、ココちゃんの所へ遊びにいって、憂さ晴らしだ!”

結局、反省していないロングであった…

第一部 完
スポンサーサイト

   コメント

ヾ(`゚Д゚´)ノ

まるちゃん浮気はもうやめなさーいφ(○`ε´○)カキカキ・・・
おもしろかった@@はらはらしたよ!

coconutsさん>
ロングさんの浮気癖は、永遠に治らないでしょうw
さて、一応第一部終了となっていますので、もしかしたら、第二部が…

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

プロフィール


かっぱくん

Author:かっぱくん
4サーバー CALLISTOにて生息中の妖怪

頭のお皿は、宇宙から落ちてきた物だと言う噂…



(C)1999-2005 CCR INC, ALL RIGHTS RESERVED. Published by SEGA


最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



過去ログ



カレンダー


09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


ブロとも申請フォーム


この人とブロともになる


ブログ内検索



RSSフィード



リンク


このブログをリンクに追加する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。