RF探検隊

このブログは、かっぱの不思議な小説です。実際のRFでは、こんな話はありません^^; また、登場人物の方々についても、実際の性格を反映している訳ではない事をお伝えしておきます。

  スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  ノバス保育園


「おいしいおやつを作ろう! 前編」

ノバス保育園では月二回、調理のシンディさん指導の下、みんなでおやつを作る日がある。

「え~と、今度のおやつ作りはと…コラ組は焼きプリンに、ベラート組はココナッツ風味のヨーグルトっと。あと…アクレシア組は…潤滑油のババロアでいいかな?」

昼食を配膳し終え、シンディさんは事務室でおやつのメニューを考えていた。

「おや?今度のおやつ作りのメニューですか?どれもおいしそうですね。」

EURO園長が、シンディの献立計画ノートを覗いた。

「あ、園長。…でも最近、似たようなおやつばかりになっちゃって、困ってるんですよ~。」

シンディはおかし作りの本を閉じ、園長の方を振り向いた。

「ん~。そうですか?子ども達が喜ぶのであれば、いいと思いますよ。」

園長は、今までのおやつ作りの様子を思い出しながら答える。

ところが、Sct副園長が…

「オ~ホッホッホ!ではシンディさん!一度外部の方をお呼びしてみますか?」

といつもの高笑いを響かせながら、一つの提案を出した。

「外部の方ですか?ノバスにおやつの得意な人って…?」

シンディは、首を傾げながら尋ねた。

「おお!副園長!もしかしてそれは、「しゃるどね~ぜ」のしゃるどねさんですか?」

園長は”ポンッ”と手を叩いた。

「しゃるどね~ぜ」

それは「チョコの行方は…?」に出てきた、ノバスのお菓子屋さんである。

「オ~ホッホッホ!さすがは園長!その通りですわ!私も、バレンタインにお世話になったのよ!」

「しゃるどねさんですか!?私、一度お会いしたかったんです!」

シンディさんは大喜びである。

「では、さっそく電話してみましょうか。」

園長は電話帳で「しゃるどね~ぜ」を調べ、電話を掛けた。

”プルルルル”

「はい!”しゃるどね~ぜ”だぬ~ん!」

しゃるどねさんがすぐに電話を受け取った。

園長は、おやつ作りの事を話し、一度保育園に来て欲しいとお願いをした。

「ぬんぬん…ちょっとお待ちを~。え~と、その日は…あ!ちょうど休みだぬ~ん!行かせていただきま~す!」

しゃるどねさんは、快く引き受けてくれた。

その事はすぐに、各組へと伝えられた。

「…と言うわけで、今度のおやつ作りには、しゃるどねさんが来てくださいま~す!」

”わ~い!”

「しゃるどね~ぜ」のお菓子を知っている園児達は、大喜びである。


おやつ作り当日。

遊戯室には、各組用に調理用テーブルが置かれ、調理器具もセットされている。

一番前には、しゃるどねさん用のテーブルが置かれていた。

遊戯室ではエプロンをした園児達が、しゃるどねさんの到着を待っていた。

「みんな、今日はよろしくだぬ~ん!」

しゃるどねさんがノバス保育園へやってきた。

「しゃるどねさんだ~!」

大喜びの園児達。

「にょほほほ~!元気な子ども達で、あちきは嬉しいぬ~ん!」

機龍先生やかっぱは、しゃるどねさんが持ってきたクーラーボックスや、調理道具等を運ぶ。

「今日は、みんなも知っている”しゃるどね~ぜ”のしゃるどねさんに来ていただきました!」

園長がしゃるどねさんを紹介する。

「みんな、よろしくだぬ~ん!」

「しゃるどねさん!よろしくお願いしま~す!」

大きい声で、しゃるどねさんと園児達はあいさつを交わした。

今日はしゃるどねさんの助手として、シンディさんが傍にいる。

少しでもしゃるどねさんの技術を盗もうと、目が真剣だ。

「ではしゃるどねさん、今日のおやつは…?」

”ドキドキドキ…”

園児達はしゃるどねさんの言葉を待つ…

「今日は…いちごケーキで~す!」

”わ~!!!!!”

園児達は大歓声を上げた。

”…いつもと反応が違う…く、くやしい…”

いつもよりも大喜びの園児達に、シンディさんは心の中で悔しがっていた。

”…こうなったら…私もケーキを作る!”

「みんな!しゃるどねさんと私のケーキ、どっちがおいしいか試してみて!」

あれれ?しゃるどねさんとケーキ対決?しゃるどねさんも、びっくりして…

「おろろ?それはおもしろそうだぬ~ん!シンディしゃん!負けないぬ~ん!」

…しゃるどねさん、いいんでしょうか…?

続く^^;
スポンサーサイト

   コメント

アクのお菓子は潤滑油・・・

ベラのココナッツあたりが複線と思ったんだけど・・・・残念w
次回に期待~(´∀`*)

ち!

また続かせやがったな!
って、私どんどんガラ悪くなってるぅぅぅw

追記
なぜか最初から全部読み返した俺が居る・・・(´・ω・`)

(*ノ∀ノ*)

ココナッツ風味はグリーンカレーだよぅ(・∀・)ニヤニヤ
なんちゃって、いまだに試食できないチキンなあたしw

ヽ( ´∀`)ノうふふ♪どうなるのかすぃらw

機龍さん>
伏線にしようかとも思ったのですが、やめちゃいましたw
で、何を全部読み返したのでしょうか?w

なすかさん>
ええw続きます^^
それと…きっとそれがなすかさんの本性?w

coconutsさん>
グリーンカレー、未だに発見する事が出来ませんorzココナッツミルクのカレーなら、見つけたんですけどね^^;
どうなるかは…後編をどうぞ^-^

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

プロフィール


かっぱくん

Author:かっぱくん
4サーバー CALLISTOにて生息中の妖怪

頭のお皿は、宇宙から落ちてきた物だと言う噂…



(C)1999-2005 CCR INC, ALL RIGHTS RESERVED. Published by SEGA


最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



過去ログ



カレンダー


09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


ブロとも申請フォーム


この人とブロともになる


ブログ内検索



RSSフィード



リンク


このブログをリンクに追加する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。