RF探検隊

このブログは、かっぱの不思議な小説です。実際のRFでは、こんな話はありません^^; また、登場人物の方々についても、実際の性格を反映している訳ではない事をお伝えしておきます。

  スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  ノバス保育園


「水遊び 後編」

「おお!思ったより早かったですね。さすが春花先生とKurenaiさんだ。」

職員室へやってきた春花先生とKurenaiさんの報告を聞いて、EURO園長は笑顔で答えました。

「当然です。この私に任せて下されば…ムグ」

「春花、何を言う!この俺がいたからこそ…ギェ」

二人は、”自分の技術のおかげだ!”と言わんばかりに発言を邪魔しあっています。

それを見て、苦笑いする園長とかっぱ。

「ま、まぁ…お二人のすばらしさは、誰もが知っている事です。」

「そ、そうそう。早くDHAMPIR君とDarkMelx君に、二人の技術で感動を与えてあげてよ。」

園長とかっぱの言葉に、二人は邪魔をやめてピタッと動きが止まりました。

「そ、そうだった!早く機龍先生を呼んで下さい!」

それまで笑いを堪えながら、様子を見ていたSct副園長が立ち上がって

「オーホッホッホ!オホホホ…ゴホッ…し、失礼。私が呼んできますわよ!」

と、アクレシア組へ行きました。

しばらくして…

「園長!ついに解決したんですね!」

職員室のドアが”バン”と開き、勢いよく機龍先生が入って来ました。

「き、機龍先生。嬉しいのは分かるんですが、もうすこし落ち着いて…」

機龍先生の気持ちがよく伝わってくる勢いです。

「うふふ。機龍先生。これでDHAMPIR君とDarkMelx君、大喜びですよ!」

「この錠剤さえ飲めば、水に入ってもショートする事はない!」

と春花先生とKurenaiさんが取り出したのは…

一つの小さなクスリの箱でした。

白い箱には、”要注意!アクレシア組専用!”と書かれています。

「え?これは?ちょっと開けますね。」

機龍先生は、その箱をパカッと開けました。

「な、何ですか…?この色は…」

その中に入っていたのは、鉛色の錠剤。

100錠ほど入っているように見えます。

「ふふふ…それを飲めば、約30分の間水を弾く事が出来るんです!」

「名づけて、”ミズヲハジ~ク!”だ~!」

クスリは凄いのですが、ネーミングは単純なようです…

「な、なんと!やった!これでDHAMPIR君とDarkMelx君もプールへ入れるぞ!」

職員室には、大きな拍手が響き渡りました。

続きを読む »

スポンサーサイト

 | HOME | 

プロフィール


かっぱくん

Author:かっぱくん
4サーバー CALLISTOにて生息中の妖怪

頭のお皿は、宇宙から落ちてきた物だと言う噂…



(C)1999-2005 CCR INC, ALL RIGHTS RESERVED. Published by SEGA


最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



過去ログ



カレンダー


06 | 2006/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


ブロとも申請フォーム


この人とブロともになる


ブログ内検索



RSSフィード



リンク


このブログをリンクに追加する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。