RF探検隊

このブログは、かっぱの不思議な小説です。実際のRFでは、こんな話はありません^^; また、登場人物の方々についても、実際の性格を反映している訳ではない事をお伝えしておきます。

  スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  古物商ペレペレ~消えた皿を追え!~


「がた落ち」

「つ、ついに宇宙のお皿が解放されるのか!」

ペレペレはこんな状況にも関わらず、古物商としての血が騒いでいた。

「この目にしっかりと焼き付けておかなければ!」

かっぱから一歩離れ、ペレペレは状況を見守る。

「ふん!望むところだ!その力、しかと受け止めてやる!」

かっぱに飛び掛っているネイファーストも同様に、宇宙のお皿の力を待ちわびていたようだ。

「その言葉、後悔するなよ!」

かっぱがそう叫ぶと同時に、ネイファーストの蹴りがかっぱをかすった。

「っち、しくじった!」

未知なる力に対し、慎重になり過ぎていたネイファースト。

初撃を外してしまった。

しかし…

”ドサ”

なぜかかっぱが床に倒れた。

「あ、あれ?おい、かっぱ?」

ペレペレはかっぱに駆け寄り、様子を見る。

「へ?なんで倒れるんだ?」

全く手ごたえの無かったネイファースト。驚くのも無理は無い。

かっぱの心臓を確かめたペレペレは…

「ネ、ネイ…心臓が止まってる…」

真っ青な顔でネイファーストの方を振り向いた。

「ええ~!ば、馬鹿な!ちょっと蹴りがかすっただけだぞ!」

ネイファーストもかっぱに駆け寄り、確認をする。

しかし、全く生命反応がない。

「…わ、私は物を盗んでも人を殺した事はないんだ…く、くそ!ペレペレ、なんとかしろ!」

「い、いや、そう言われても…どうにもならん…」

がっくりとうなだれる二人。

だが、ピクリとかっぱの手が動いた。

続きを読む »

スポンサーサイト

 | HOME | 

プロフィール


かっぱくん

Author:かっぱくん
4サーバー CALLISTOにて生息中の妖怪

頭のお皿は、宇宙から落ちてきた物だと言う噂…



(C)1999-2005 CCR INC, ALL RIGHTS RESERVED. Published by SEGA


最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



過去ログ



カレンダー


04 | 2006/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


ブロとも申請フォーム


この人とブロともになる


ブログ内検索



RSSフィード



リンク


このブログをリンクに追加する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。