RF探検隊

このブログは、かっぱの不思議な小説です。実際のRFでは、こんな話はありません^^; また、登場人物の方々についても、実際の性格を反映している訳ではない事をお伝えしておきます。

  スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  古物商ペレペレ~消えた皿を追え!~


「お皿の力」

かっぱの投稿が、まだ信じられないネイファースト。

彼女は、自分が持っている宇宙のお皿(本物)を手に取り、確認を始めた。

表。裏。光の反射具合等などの細かいチェックを行う。

「どう見ても、このお皿は本物だと思うが…しかし…かっぱの言っている事が本当だとしたら…」

あのお宝コーナーは、当日投稿されたものをパーソナリティーが読み上げる。

ネイファーストは、頭が混乱してきた。

「え~い!こうなったら、もう一度かっぱの家に侵入しなければ!」

疑惑が浮かんだからには、きちんと調べなければならない。

常に本物を求めているネイファーストは、かっぱの家へ再度侵入する事を決意した。





「う~ん。やっぱり本物じゃないと、力が発揮できないな~。」

頭に宇宙のお皿(偽物)を乗せながら、かっぱはブツブツとつぶやいた。

「まあ仕方ないだろう。もう少しの我慢だ。しかし…宇宙のお皿にはどんな効果があるんだ?」

ペレペレは、宇宙のお皿がどのような力を持っているかは知らない。

「それは…かっぱ一族にしか伝えられていない力だからな~。教えられないよ。」

かっぱはニヤニヤしながら、ペレペレに答えた。

「きゅうりをやるから、教えてくれよ~!」

”きゅうり”と聞いてかっぱはつばを飲み込み、一瞬表情が変わるが…

「い、いや!例えきゅうりをもらっても、教える事は出来ないな~。それにこのお皿の力は、俺にしか引き出せないんだよ。」

「お前にしか使えないんだったら、教えてくれてもいいじゃないか。」

さらに突っ込むペレペレ。

「やだ!」

しかしかっぱは、それでも拒否を続けた。

続きを読む »

スポンサーサイト

 | HOME | 

プロフィール


かっぱくん

Author:かっぱくん
4サーバー CALLISTOにて生息中の妖怪

頭のお皿は、宇宙から落ちてきた物だと言う噂…



(C)1999-2005 CCR INC, ALL RIGHTS RESERVED. Published by SEGA


最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



過去ログ



カレンダー


04 | 2006/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


ブロとも申請フォーム


この人とブロともになる


ブログ内検索



RSSフィード



リンク


このブログをリンクに追加する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。