RF探検隊

このブログは、かっぱの不思議な小説です。実際のRFでは、こんな話はありません^^; また、登場人物の方々についても、実際の性格を反映している訳ではない事をお伝えしておきます。

  スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  ノバス保育園


「お散歩は楽しいな~! 後編」

鉱山中央部へ向かって移動している、EURO園長達。

”何か様子がおかしいですね。ミニストーンキーパーがあんなに攻撃的なんて…”

園長達の不安をよそに、園児達はのんきに歩き続けていましたが…

「シンディさん、機龍先生やシャストア先生達は、どこにいっちゃったの?」

姿の見えない先生が気になって、DHAMPIR君が尋ねました。

「心配しなくても大丈夫よ。さっきのミニストーンキーパーを安全な所に連れて行ってくれてるの。」

笑顔で答えるシンディさん。

しかし、内心は不安で一杯。

そのまましばらく、鉱山の中を歩き続けました。

しばらくして

「あの、すいませんけど、オムツを取り替えたいので…」

乳母車を押していた、優貴先生が時計を見ながら声を掛けました。

「オーホッホッホ!そう言えばもうそんな時間ですわね!園長、ストーンキーパー亭で少し休ませてもらいましょう。」

Sct副園長の提案で、鉱山中央の途中にある、ストーンキーパー亭で休憩を取る事に。

早速、ストーンキーパー亭へと向かいました。





「ふんふんふ~ん。さ~て、そろそろ閉めないと危ないわね~。」

ストーンキーパー亭の女将であるレコアさんは、時計を気にしながら戸締りをしていました。

なぜ、お昼前に店を閉める必要があるのでしょうか?

「よし。これで大丈夫。じゃ、1時間ほど休憩ね。」

”パンパン”と手についたほこりを払い、中へ入ろうとしたら…

「あ、女将さ~ん!少し休ませてもらってもいいですか?」

レコアさんは、園長に声を掛けられました。

「え?ええ~!?ノバス保育園のみなさん…なんでこんな時間にここに!?ささ、早く入って!」

驚いた表情で、園児たちをせかすレコアさん。

とその時

「グォォォォォ…」

小さいながらも、重みのある唸り声が聞こえてきました。

その唸り声を聞いて、さらに慌て始めるレコアさん。

「は、早く入って!」

ノバス保育園一行は、ストーンキーパー亭のお座敷で、休憩を取ることになりました。

しかし、レコアさんの慌てぶりは、一体なんだったんだろう…

「園長?女将さんのあの慌てぶり…今日は何かありましたっけ?」

春花先生は、娘である慧花ちゃんの頭をなでながら、園長に問いかけます。

「ん~。特別な日ではないと思いますが…副園長。何かわかりますか?」

園長は、思い当たる節がないという表情で、副園長の方へ話を振ると…

「…今日は、もしかして金曜日かしら…だとしたら…」

副園長は、ブツブツと何かをつぶやいていました。

続きを読む »

スポンサーサイト

 | HOME | 

プロフィール


かっぱくん

Author:かっぱくん
4サーバー CALLISTOにて生息中の妖怪

頭のお皿は、宇宙から落ちてきた物だと言う噂…



(C)1999-2005 CCR INC, ALL RIGHTS RESERVED. Published by SEGA


最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



過去ログ



カレンダー


04 | 2006/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


ブロとも申請フォーム


この人とブロともになる


ブログ内検索



RSSフィード



リンク


このブログをリンクに追加する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。