RF探検隊

このブログは、かっぱの不思議な小説です。実際のRFでは、こんな話はありません^^; また、登場人物の方々についても、実際の性格を反映している訳ではない事をお伝えしておきます。

  スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  ノバスの昼下がり~愛多き男の苦悩~


第九話「命がけの釈明」

ベラートへの出張最終日。

ロングは身支度をして、会社へ姿を現した。

「では、これで私はコラ支社へ戻ります。」

ペコリ、とベラート支社の部長に頭を下げる。

「一週間、ご苦労だったな。今度はゆっくり飲み交わそうじゃないか。」

部長と握手を交わすロング。

そして、去り際にcoconutsへウインクをする。

coconutsは、頬を赤らめながら、ロングを見送る。

会社の玄関を出たところで…

「ロングさん!待ってください!」

ロングを呼び止める声が。

coconutsだ。

”ふふ…可愛いな…追いかけてくるなんて。”

心の中で、一人喜ぶロングであったが…

「忘れ物ですよ!セット高原にこれを届けなくちゃ!」

「あ!そうだった!先週、頼まれたんだった!忘れてたよ…」

またもや心の中で、舌打ちをするロング。

「じゃ、ロングさん。また来てくださいね!」

coconutsは、そのまま会社へと戻って行ってしまった。

「…あ、あれ?…ま、いいか。早くセット高原に行かなくちゃ。」

腑に落ちないものの、ロングはセット高原へと急ぐのであった。

その頃コラでは…

「とりゃ~!!!!!」

20060417193925.jpg


DarkMelが、お仕置きのために鉱山で特訓をしていた。

そこへエルフェがやってくる。

「お姉ちゃん!そろそろ時間だから、セット高原へ行こう!」

「あら?もうそんな時間?分かったわ。急ぎましょう!」

セット高原…そう、実はセット高原の客とは、DarkMel姉妹であったのだ。

続きを読む »

スポンサーサイト

 | HOME | 

プロフィール


かっぱくん

Author:かっぱくん
4サーバー CALLISTOにて生息中の妖怪

頭のお皿は、宇宙から落ちてきた物だと言う噂…



(C)1999-2005 CCR INC, ALL RIGHTS RESERVED. Published by SEGA


最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



過去ログ



カレンダー


03 | 2006/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -


ブロとも申請フォーム


この人とブロともになる


ブログ内検索



RSSフィード



リンク


このブログをリンクに追加する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。