RF探検隊

このブログは、かっぱの不思議な小説です。実際のRFでは、こんな話はありません^^; また、登場人物の方々についても、実際の性格を反映している訳ではない事をお伝えしておきます。

  スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  ノバス保育園

「みんなのヒーローは? 後編」

「…こ、こいつらがワリバシーン?」

テーマソングをバックに、画面に映し出されたのは五色のヒーロー達。

お手元君が言っていたように、色だけでなく、頭にも特徴があるようだ。

レッドは割り箸、ブルーはおわん。そしてイエローは四角い盛更皿。

グリーンは…ああ!湯のみだ!ピンクは小さくて見づらいけど…箸置き…?

「なるほど!これを作ってあげればいいんだな!」

かっぱはテレビとノートを交互に見ながら、メモをとっている。

歌が終わった。続いて、すぐにタイトルが現れた。

「お?さすがシャストア先生だ。CMカットしてある。」

そして出てきたタイトルは…

「第三話 伝説の神獣バイモン!」

と出てきた。

「…バイモン?…パイモンじゃなくてか…?」

最初の場面は、和食料理店。変身前の五人が、仲良く和食を食べている。

見た目からして、高校~大学生くらいか?

「ん~。やっぱり和食は最高よね!あ、さし美!そのお刺身一切れ頂戴!」

「なら米(まい)、そのだし巻き玉子と交換ね!」

その二人は、ピンクとイエローと思われる。お互いの料理を一品ずつ交換している。

「あれ?鉄火は何を見ているんだ?」

鉄火と呼ばれたその男は、目の前にある鉄火丼に手をつけず、雑誌を見ている。

「ん?これか?稲穂も見てみろよ。」

鉄火から雑誌を受け取った稲穂は、そのページの記事を読む。

「…なんだこれは?”洋食ブーム”だって?」

「なに?ちょっと見せてくれ。」

ボソッとつぶやいた稲穂の雑誌を、さっと取り上げたのは…

「おいおい麦茶…まだ俺が読んでるんだよ…」

”プルルルル…”

いきなりかっぱの電話が鳴り響いた。

「誰だろう?せっかく観ているのに。」

テープを止めるのを忘れ、電話に応えるかっぱ。

「はい、かっぱです。ああ!シャストア先生!」

電話の主は、シャストア先生。

「かっぱ先生!第一話を渡すつもりだったのに、第三話渡しちゃった!ごめんね。」

そういえば最初に、第三話と出ていた。

「え?そんな事で?気にしないで。うん。明日返すから。は~い、おやすみなさ~い。」

”ガチャ”

電話を切って、テレビを再度観ると…

「あれ?へんな敵が出てきている。」

すでに話は進み、画面では牛の頭をした怪人が、大暴れしていた。

続きを読む »

スポンサーサイト

 | HOME | 

プロフィール


かっぱくん

Author:かっぱくん
4サーバー CALLISTOにて生息中の妖怪

頭のお皿は、宇宙から落ちてきた物だと言う噂…



(C)1999-2005 CCR INC, ALL RIGHTS RESERVED. Published by SEGA


最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



過去ログ



カレンダー


03 | 2006/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -


ブロとも申請フォーム


この人とブロともになる


ブログ内検索



RSSフィード



リンク


このブログをリンクに追加する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。