RF探検隊

このブログは、かっぱの不思議な小説です。実際のRFでは、こんな話はありません^^; また、登場人物の方々についても、実際の性格を反映している訳ではない事をお伝えしておきます。

  スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  古物商ペレペレ~消えた皿を追え!~

「光る物体」

ペレペレは、防犯ビデオテープをデッキにセットし、巻き戻した。

”キュルキュルキュル…カチッ”

テープはすべて巻き上がり、次の命令を待っている。

「さてと…少し小腹もすいたな。ヘカテ。チャーハンでも作ってくれ。」

ペレペレはヘカテを召還し、チャーハンを作らせる。

”ハハハハハ!…ジャッジャ…”

台所からは、ヘカテが笑いながらチャーハンを作っている。

その間、ペレペレはデッキに再生の命令を下す。

”ジ~…”

テープが回り始めた。

「え~と、これはハイロードさんが来た時の場面か…もうちょっと先だな。」

テープの中で、ハイロードはギアを取り出そうとバッグをいじっている。

その時”キラン”と、ギアが店の電灯を浴びてその光を反射させた。

「少し早送りするか。」

”ガ~”

早送りの指示を受け、テープは駆け足でまわり始める。

「っと。ここだ。」

再び再生ボタンを押すペレペレ。

そこでは、ハイロードが店を出ると同時に、toolが入ってきた場面である。

それほど広くない店のドアである。

二人は、少しぶつかる感じですれ違った。

「あれ?ハイロードさんがベラートの客に、バッグをつかまれてるな…」

一瞬ではあるが、toolはふらついた時、ハイロードのバッグをつかんでいる。

toolの手がバッグから離れた時、何かが光を反射させた。

「まあいいか…ふむ…そのままお皿へ向かって…」

toolはそのまま、他の古物には目もくれず、お皿へ引き寄せられるように向かっていった。

そのままtoolはお皿を眺めている。

「お。チャーハンが出来たか。すまないな。」

ヘカテがチャーハンを持ってきた。湯気が上がって、おいしそうだ。

ペレペレがチャーハンを受け取ると、ヘカテは異世界へと戻っていった。

「モグモグ…うん、うまい!パクパク…あれ?」

チャーハンを食べながらビデオを観ていると…

toolが懐に手を入れ、何かを少し取り出した。

チラッとそれを見た後、お皿を見直し、また懐の物を見る。

「…?何を見ているんだ?パイモン!ちょっと来てくれ!」

今度はパイモンを呼び出す。

ペレペレは一旦停止のボタンを押す。

テープはピタッと止まり、toolが懐から何かを出している場面を固定させる。

「見えるか?これと似たような物を、探して持ってきてくれ。」

パイモンはジーッと画面を見つめる。

そしておもむろに、ペレペレの食べかけのチャーハンを取り上げる。

「お、おい!何をするんだ!?」

パイモンは、一生懸命チャーハンを指差す。

「…まさか…チャーハンを懐に入れるわけはないよな…?あ!お皿か!?」

ペレペレの答えに、パイモンは満足したようにうなずく。

「しかしなぜ…まてよ!?」

急に何かを思い出したように、ペレペレはテープを巻き戻した。

そしてある場面で止める。

「パイモン!この光る物と、さっきの物とは一緒か!?」

そこはtoolが、ハイロードのバッグをつかんだ後、手に光る物を持っていた場面である。

パイモンは再びジーッと見つめ、”コクン”とうなずく。

「…何かありそうだな…」

ハイロードは、バッグの中身を盗られた事に、気づいていないのか?

重要な場面を写真に変換した後、ペレペレは謎を解くためにハイロードを訪ねるのであった。

続きを読む »

スポンサーサイト

 | HOME | 

プロフィール


かっぱくん

Author:かっぱくん
4サーバー CALLISTOにて生息中の妖怪

頭のお皿は、宇宙から落ちてきた物だと言う噂…



(C)1999-2005 CCR INC, ALL RIGHTS RESERVED. Published by SEGA


最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



過去ログ



カレンダー


03 | 2006/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -


ブロとも申請フォーム


この人とブロともになる


ブログ内検索



RSSフィード



リンク


このブログをリンクに追加する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。