RF探検隊

このブログは、かっぱの不思議な小説です。実際のRFでは、こんな話はありません^^; また、登場人物の方々についても、実際の性格を反映している訳ではない事をお伝えしておきます。

  スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  ノバス保育園

「聖戦見学~保育園分裂の危機!? 後編」

コラコントロールユニット周辺では、アクレシア帝国が攻め込んできている。

「ちょっと!かっぱ先生を引っ張ってきなさい!」

Sct副園長は、優貴先生とシンディさんに、地面で寝ている?かっぱを引っ張らせ、春花先生の前へと持ってきた。

「…かっぱ巻きにしていいですか?」

真剣な目でそう話す春花先生。口元がうっすらと歪んでいる。

「違うわよ!さっさと起こして、機龍先生を撃退しなくちゃ!」

”っち。残念。”

春花先生は小声でそうつぶやくと、かっぱの治療を始めた。

「う~ん…あ、あれ?」

気絶から立ち直ったかっぱは、あたりをキョロキョロと見回した。

「オ~ホッホッホ!さあみなさん、まずは機龍先生を倒しますわよ!」

かっぱが復活したのを確認して、副園長は高笑い。

「でも…あの集団の中から、機龍先生を見つけるのは…あ」

多数のアクレシア戦士を指差し、優貴先生が質問しようとすると…

「は~っはっはっは!さあノバス保育園の先生方!どこにいるんですか~!?」

一際大声で叫ぶ戦士が一人…集団の中頃にいるが、ピョンピョン飛び跳ねているため、その姿は丸見えである。

「…あそこ…ですね…」

”え~っと、どうしたらいいのかな…?”と言う様な複雑な表情で、シンディさんはつぶやく。

「…狙ってもいいのかな…?」

かっぱはガトリングを構え、機龍先生に照準を合わせる。

”ドガガガガ!”

「グホォ!」

かっぱが放った弾は、機龍先生のお腹に当たった。

「…さ~て…私達は園長先生達を倒しに行きましょうか。」

何事も無かった様に、副園長はきびすを返すと…

今度はベラート連邦が攻めてきている!

しかもその先頭には、EURO園長が!

「うぉ~!副園長達はどこだ~!」

と、いつもとは逆の雰囲気で迫ってくる。

その後ろでは、珍しくビクビクしているシャストア先生の姿があった。

「ちょ、ちょっと!先生達!迎え撃つわよ!」

副園長は杖を構え、フォースを放つ。

「っと!副園長!危ないわね!」

シャストア先生は、青ざめた顔でフォースを避ける。

「む!そこにいたか!」

この攻撃で、副園長たちの存在に気づいた園長は、黒機甲を方向転換させる。

「どぉりゃ~!!!!!」

園長のメガトンパンチが炸裂!

しかし副園長達は、何とか避ける。





「い、痛たたたた…」

お腹を押さえながら、機龍先生が立ち上がると、目の前で園長達が戦っている姿が見えた。

「むむ!私を抜かして、戦闘しているとは!しかし、アクレシアの保育園職員は私だけ…」

他の他種族と戦えばいいのだが、今日は園児達が見ている。ここは保育園の職員と戦って、強いところを見せなければ。

そう思った機龍先生は

「こうなったら…!」

”キラ~ン!”

機龍先生は、ひとつのギアを取り出した。

その様子に気づいた春花先生。

「あれ?あのギアって、MMG…?」

そう、機龍先生が取り出したのは、凶悪なパワーを誇るMGG。

「装着!」

機龍先生はお腹を開いて、MGGをはめ込んだ。

続きを読む »

スポンサーサイト

 | HOME | 

プロフィール


かっぱくん

Author:かっぱくん
4サーバー CALLISTOにて生息中の妖怪

頭のお皿は、宇宙から落ちてきた物だと言う噂…



(C)1999-2005 CCR INC, ALL RIGHTS RESERVED. Published by SEGA


最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



過去ログ



カレンダー


02 | 2006/03 | 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -


ブロとも申請フォーム


この人とブロともになる


ブログ内検索



RSSフィード



リンク


このブログをリンクに追加する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。