RF探検隊

このブログは、かっぱの不思議な小説です。実際のRFでは、こんな話はありません^^; また、登場人物の方々についても、実際の性格を反映している訳ではない事をお伝えしておきます。

  スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  ノバス保育園

「園歌がない! 前編」

世間では卒業シーズン。ラジオでは、ノバス高校の卒業式の様子が流れている。

「もうそんな時期ですか。早いですね。」

EURO園長は、Sct副園長が淹れてくれたコーヒーをすすりながら話しかけた。

「そうですわね~。別れがあれば出会いがあって…あ、園長。」

副園長が急に何かを思い出したように手を打った。

「何ですか?副園長。」

「今年は年長さんがいないから、卒園式は関係ありませんが…入園式の準備はいいのですか?」

今年度、ノバス保育園に年長さんがいなかったため、例年よりもノンビリとすごしていた園長。

「あ!そうでした!すっかり忘れてましたね!今すぐに考えなくちゃ。」

慌てて園長は、資料を漁り始めた。

ラジオでは、ノバス高校の送辞が流れている。

「え~と、最初の挨拶は私で、その後は来賓の挨拶…次に保護者会会長のトリさんの挨拶に…」

入園式の流れを、資料を見ながら書き出していく園長。

「後は職員の紹介か。…何か足りないような…」

大まかなプログラムを作成した後、園長はふと考えた。

入園式に必要な、何かが足りない。

「う~ん、何が足りないんでしょうか…?」

副園長にプログラムを見せながら、園長はスッキリしない様子で話す。

「え?いつもこの通りだったと思いますが?」

副園長は例年通りのプログラムに、疑問を感じる事がなかった。

「そうなんですが、何かがないんですよ…」

とその時、ノバス高校の校歌が流れてきた。

「…こ、これだ!足りないのは、これです!」

席を立ち上がり、ラジオをつかむ園長。

「え?校歌ですか…?あ!ああ!そうですね!保育園に園歌がなかったですわ!」

そう。今までノバス保育園に園歌はなかったのである。

「しかし…今から園歌を作っても、入園式までには間に合いませんわよ?」

副園長の言う事ももっともである。入園式まで、もう一ヶ月もないのだ。

「…そうですね…でも今から作っておいた方がいいですからね。誰かにお願いしましょう。」

園長もその事はわかっていたが、今後のために園歌の作成を決定する事にした。

「う~ん、誰がいいでしょうか…副園長、誰かいい人知りませんか?」

「オ~ホッホッホ!私の知り合いに、作曲家はいませんわよ!」

なぜか自信満々に答える副園長。

「…そうですか…私もいませんね…」

そう言って園長は、ふと手にした保護者名簿のページをめくる。

「ん?もしかしたら、この方にお願いできるかも!副園長!かっぱ先生を呼んで下さい!」

続きを読む »

スポンサーサイト

 | HOME | 

プロフィール


かっぱくん

Author:かっぱくん
4サーバー CALLISTOにて生息中の妖怪

頭のお皿は、宇宙から落ちてきた物だと言う噂…



(C)1999-2005 CCR INC, ALL RIGHTS RESERVED. Published by SEGA


最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



過去ログ



カレンダー


02 | 2006/03 | 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -


ブロとも申請フォーム


この人とブロともになる


ブログ内検索



RSSフィード



リンク


このブログをリンクに追加する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。