RF探検隊

このブログは、かっぱの不思議な小説です。実際のRFでは、こんな話はありません^^; また、登場人物の方々についても、実際の性格を反映している訳ではない事をお伝えしておきます。

  スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  ノバス保育園

「恐怖の雪合戦! 後編」

保育園の中は、重い空気で包まれていた。

雪合戦が出来ないとわかった園児達は、暗い表情で遊んでいた。

「…は~、雪降らないかな~…」

そんなため息が漏れる中、EURO園長による園内放送が入った。

「良い子のみなさん、園庭に雪が積もりました!」

”ピクッ!”

一瞬、園児達の遊ぶ手が止まった。そして…

「やった~!!!!!!雪合戦が出来る~!!!!!」

大歓声が沸き起こった。

事前に、Sct副園長から雪が運ばれる事を聞いていた各組の担任達は

「はい!静かにしてね~!今から準備をして、園庭に行きましょう!年中さん、年少さんと手をつないで並んでね。」

一方、アクレシア組は…

「DHAMPIR君!よかったな!さあ、この雪合戦用のギアを装着して、外へいくぞ~!」

機龍先生、色々なギアをお持ちなんですね…





10分後、園庭前に園児達が列を作って並んでいた。

”サクッ”

シャストア先生が一歩足を踏み入れた。

「あ、あれ?いつもの雪と感触が違う…なんてふんわりとした感触…」

徹底された管理の雪と言うのは、あながち嘘ではなかったようだ。

「え?僕も踏みたい!」

「シャストア先生だけずる~い!私も踏みたい!」

シャストア先生の後について、園児達は次々と園庭へと足を踏み入れた。

「わ~!この雪すごい!やわらか~い!」

「雪が光って、まぶし~い!」

大喜びで雪を楽しむ園児達。

「さて、みんな一度並んで~!お楽しみの雪合戦の準備をしよう!」

かっぱが準備やルールの説明をする。園児達は、楽しみでうずうずしながら聞いていた。

「…と言う事で機龍先生とDHAMPIR君は、先生チームに入ってもらいます!」

いつの間にか園長や副園長、調理のシンディさんまで園庭に来ていた。

みんなで防御壁を作り、雪玉をこね、準備が完了した。

それぞれの陣地の後には、一本の旗が刺さっている。

いよいよ、三つ巴の雪合戦が始まる…

続きを読む »

スポンサーサイト

 | HOME | 

プロフィール


かっぱくん

Author:かっぱくん
4サーバー CALLISTOにて生息中の妖怪

頭のお皿は、宇宙から落ちてきた物だと言う噂…



(C)1999-2005 CCR INC, ALL RIGHTS RESERVED. Published by SEGA


最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



過去ログ



カレンダー


01 | 2006/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -


ブロとも申請フォーム


この人とブロともになる


ブログ内検索



RSSフィード



リンク


このブログをリンクに追加する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。