RF探検隊

このブログは、かっぱの不思議な小説です。実際のRFでは、こんな話はありません^^; また、登場人物の方々についても、実際の性格を反映している訳ではない事をお伝えしておきます。

  スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  ノバス保育園

「チョコの行方は…?」

バレンタイン…それは、女性がチョコに想いを込めて、想い人に気持ちを伝える日…

ここノバス保育園でも、バレンタインの話で持ちきりであった。

「そう言えばSct副園長、明日のバレンタインはどうします?」

EURO園長が席を外した隙を狙って、三歳未満児担任の優貴先生が、副園長と相談していた。

「そうね~。男の先生は園長とかっぱ先生よね…お返しが大変そうだから、やめておきましょう。」

去年のバレンタイン、女性職員五人(副園長・シャストア先生・春花先生・優貴先生・シンディ調理師)からチョコを貰った園長とかっぱ。

ホワイトデーにたった二人で、五人の女性に三倍のお返しをしたためか、3月の終わり頃、栄養失調で入院したのであった。

「そ、そうですね…今年はやめましょう…」

そこへ丁度園長が戻ってきた。

優貴先生は、ペコリと頭を下げて、職員室を後にした。

副園長と優貴先生の会話を、園児達の健康チェック表を調べながら聞いていた春花先生。

”ああ、もうそんな時期か…あの子はそんな気分じゃないだろうな…”

ふぅっとため息をつき、チェック表を”トントン”と揃えながら立ち上がる。

「じゃ、園児達の様子を見てきます。」

「はい。お願いしますね。」

各組は、横並びで繋がっている。

最初に通るのは、アクレシア組の前。しかしここは不在…あれ?

「き、機龍先生?一体どうしたんですか?」

アクレシアの園児がいないため、不在のはずのアクレシア組。

しかしそこでは、機龍先生が笑顔?で掃除をしている。

「やあ!春花先生!実は今度、アクレシアの子が入園する事になりましてな!園長から”是非その子の担当をして欲しい”と頼まれまして!今から準備をしているんですよ!」

「ええ!?それはおめでとうございます!でも…体操教室の方はいいんですか?」

春花先生の言葉に、一瞬顔が暗くなる機龍先生。

「あ、ああ!大丈夫です!さて、もっときれいにしなくちゃ!」

今の一瞬の表情ですべてを悟った春花先生は、一言”頑張ってくださいね”と言ってアクレシア組を後にした。

次はベラート組。園児達の元気な声が響いてくる。

”うん。みんな大丈夫そうね。”

「ね~ね~!シャストア先生!誰にチョコあげるの~!?」

迅伐君が、期待のまなざしでシャストア先生を見つめる。

「ん?チョコ?先生はチョコを作っている暇があったら、キックの練習をするわよ!」

と言って、”シュッシュッ!”と蹴りを見せた。

今のシャストア先生の姿を見てない事にして、春花先生はベラート組を後にした。

そして最後はコラ組。実はコラ組には、春花先生の娘がいる。

春花先生の娘である慧花ちゃんは、年中児だ。

実は昨年、お父さんがある事情でいなくなり、現在母子家庭である。

”慧花、何してるのかな?”

慧花ちゃんは、戮妹ちゃんとおままごとをしていた。

「ね~ね~、刃魔!お前は俺の部下だから、明日は当然チョコくれるんだよな!?」

グローダー君が刃魔ちゃんに、チョコを求めている。

「え~?だってあれは本編の話であって、ここでは部下じゃないよ~!」

その様子を見ていたかっぱは

「グ、グローダー君…バレンタインって言うのはね…そうやって無理矢理貰うものじゃないんだよ…」

「え~?だってバレンタインって、女の子が男の子にチョコをあげる日なんでしょ?」

お手元君も不思議そうにたずねた。

「確かにそうなんだけど、バレンタインって言うのはね、女の子が自分の好きな人にチョコを上げる日なんだよ。だから、頼んで貰うものじゃないんだよ。」

「ふ~ん。自分の好きな人か~。」

いつの間にか、コラ組の園児がかっぱの話を聞いていた。でも…

”やっぱり…慧花は興味ないのかしら…”

慧花ちゃんは、その話に興味が無い様子である。いつの間にか戮妹ちゃんが、かっぱの話を聞きに行っても、一人でままごとを続けていた。

もう少し、女の子らしくなって欲しいと願っている春花先生は、少し落ち込みながら、コラ組を後にした。





「かぱちぇんちぇい!またあちた~!」

夕方、園児達が次々と帰っていく。コラ組に残っているのは…慧花ちゃんだけになった。

”ガラガラガラ…”

「慧花、帰ろうか。」

今日の仕事を終え、春花先生が迎えに来た。

慧花ちゃんは、机に向かって何かをしている様である。

「え~!オレ、まだこの折り紙終わっていないのに!ちょっと待っててよ!」

実は慧花ちゃん、男勝りの性格である。これも春花先生の悩みの一つ。

何を折っているのかを覗き込もうとした春花先生に気づき、慧花ちゃんはさっと覆い隠した。

「ば、馬鹿!見るなよ!」

「あ、ああごめん。お母さんが悪かった…」

その様子を見てかっぱは、苦笑いしながら

「春花先生。慧花ちゃん、どうしても今日作りたいと言って…誰にも内緒らしいんですよ。」

と話掛けた。

「ふふっ。わかりました。終わるまで待ってます。」

そしてそれから10分後。すでに時計は18時になっていた。

「で、出来た~!じゃ、帰る!母ちゃん!早く行くよ!」

慧花ちゃんは、謎の折り紙をカバンにしまって、部屋を出て行く。

「あ、慧花!かっぱ先生にさようならの挨拶は~!?」

逃げるように去っていく慧花ちゃんを追いかけようと、春花先生も部屋を出て行った。

「…春花先生・慧花ちゃん、さようなら~。」

すでにいなくなった二人に、むなしく手を振るかっぱであった。





「ちょっと慧花。なに探してるの?」

家に帰った慧花ちゃんは、台所でゴソゴソ何かを探していた。

しかし春花先生の質問を全く無視して

「母ちゃん!チョコ買いに行こう!」

「え?チョコ?今から?」

帰り道で買い物を済ませたばかりである。

「じゃあ、なんでさっき言わなかったの?」

「だ、だって~!オレ、家にチョコがあると思ったんだもん!」

ほっぺたを膨らませ、目に涙をにじませる慧花ちゃん。

”ああ、もしかしてバレンタインのチョコが欲しいのかな…?”

きっとクラスに渡したい子がいるんだろう。興味がなさそうな振りをしていても、やっぱり女の子。

「…仕方ないわね。じゃ、あそこへ行きましょう。」





時間はすでに20時前。その店は、すでに閉店準備をしていた。

「あ、しゃるどねさん!まだ閉めないで~!」

その店「しゃるどね~ぜ」は、おいしいお菓子を作る事で有名である。

誕生日のケーキや三時のおやつ、はたまた遠足のおやつまで、注文があれば何でも用意してくれる。

そして今日はバレンタイン前日。当然「しゃるどね~ぜ」でもバレンタインチョコの販売をしていた。

「あれ?春花しゃ~ん!あ、慧花ちゃんまで~。どうしたのですか~?」

慌てて店に飛び込んできた春花親子を見て、店長のしゃるどねさんは動きを止めた。

「ねぇねぇ!チョコちょうだい!」

慧花ちゃんは、しゃるどねさんに両手を出した。

「え?チョコですか~?う~ん、残念だけど、全部売れてしまったのぬ~ん。」

その返事を聞いて、泣きそうな顔になる慧花ちゃん。

「あら~、慧花。残念だったわね。諦めましょう。」

「…う…う…やだ~!チョコ欲しい~!」

とうとう大声で泣き出してしまった慧花ちゃん。

「…ああ…慧花ちゃん…ごめんなのね~。」

泣いている慧花ちゃんを見て、慌てふためくしゃるどねさん。

「あ、しゃるどねさん、ごめんなさい。すぐに帰りますから…」

「う~んう~ん…あ、そだ!ちょっと待ってるのね~。」

手をポンッと叩き、奥へ姿を消すしゃるどねさん。

「あ、あった~!慧花ちゃん、これをあげるのね~。」

しゃるどねさんは、粉々のチョコが入った袋と、ハート型の型を持ってきた。

それを手渡された慧花ちゃんは、ピタッと泣き止んだ。

「慧花、よかったわね。しゃるどねさん、わざわざありがとうございます。」

と言って春花先生は財布を取り出そうとするが…

「うん?お代はいいですよ~。」

しゃるどねさんは、手をふった。

「え、ええ?しゃるどねさん、いいんですか?」

「うんうん。これはもう使う予定がないから、いいのね~。」

笑顔に戻った慧花ちゃんを見て、しゃるどねさんは

「慧花ちゃん、おいしいチョコを作るのね~。」

笑顔で手を振った。

しゃるどねさんに頭を下げ、春花親子は「しゃるどね~ぜ」を後に、家に帰った。

続きを読む »

スポンサーサイト

 | HOME | 

プロフィール


かっぱくん

Author:かっぱくん
4サーバー CALLISTOにて生息中の妖怪

頭のお皿は、宇宙から落ちてきた物だと言う噂…



(C)1999-2005 CCR INC, ALL RIGHTS RESERVED. Published by SEGA


最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



過去ログ



カレンダー


01 | 2006/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -


ブロとも申請フォーム


この人とブロともになる


ブログ内検索



RSSフィード



リンク


このブログをリンクに追加する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。