RF探検隊

このブログは、かっぱの不思議な小説です。実際のRFでは、こんな話はありません^^; また、登場人物の方々についても、実際の性格を反映している訳ではない事をお伝えしておきます。

  スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  商人組合~ある倉庫番の苦悩~

商人組合~ある倉庫番の苦悩~

”ドサッ…”

「た、大変だ!すぐに医者を呼ぶんだ!」

”ザワザワザワ…”

ここはコラHQ。両替商の周りに、人が集まっている。

「は~い、どいてどいて。え~と、倒れたのは…」

と医師の春花先生は、倒れている人物の様子を伺う。

「うん。やっぱり思った通りね。しばらく入院だわ。」

そしてその人物…両替商のソウ・コ・バンさん(仮名)は、病院へと運ばれていった。





「シンディ!バファー神殿で謎の骨が発掘された!すぐに取材して来い!」

ここはコラにある、ディセム放送局。今日もグローダー局長の声が響く。

「かっぱ~!”きゅうり栽培”の原稿、いつになったら上がるんだ!?」

「あ、すいません!もう少し掛かります!」

かっぱは机で、昨日の取材内容をまとめている。

「馬鹿野郎!とっとと仕上げないと、その皿カチ割るぞ!」

”プルルルル”

とその時、局長の電話が鳴り響いた。

「はい?こちらディセム放送局。何!?また両替商が倒れただって!?これで何回目だ?」

バンさんが倒れたのは、これが初めてではない。月に2~3回は倒れているのである。

「…う~ん、一体どういう事だ?…刃魔!すぐに病院へ急行してくれ!」

「わかりました!行ってきます!」

刃魔はカメラマンを引き連れて、バンさんが入院している病院へと向かった。





「いえ。まだ面会できる状態ではありません。」

「そこを何とか!月に2回も3回も入院なんて、異常ですよ!?」

病院では、春花先生と刃魔が押し問答をしていた。

そこへSct看護師が、春花先生に耳打ちをした。

「え?そう…わかりました。」

春花先生は、仕方ないという表情で刃魔の方へ振り向いた。

「刃魔さん。バンさんが、是非取材をして欲しいという事です。ただし長時間は患者の身体に響きますので、短時間で終えて下さい。」

「わ、わかりました!ありがとうございます!」

刃魔とカメラマンは、春花先生に頭を下げ、Sct看護師に病室を案内された。

案内された場所は、集中治療室。バンさんは、それほど容態が悪いのか?

「お~ほっほっほ!ここがバンさんの病室よ!時間は30分。それまでに取材を終えてくださいね!」

そう言うとSct看護師は、ナースステーションへと戻っていった。

”ゴクッ…”

刃魔は、緊張のため唾を飲み込む。

震える手でドアをノックした。

”コンコン”

「はい。ディセム放送局の方ですね。どうぞ。」

病室の中から返事が返ってきた。

「…さて…行くか…」

刃魔とカメラマンは、緊張しながら病室へのドアを開けた。

「よくいらしてくださいました。どうぞ。」

ソウ・コ・バンさんはベッドの上に上半身だけを起こし、刃魔達を出迎えた。

「バンさん、思ったより元気そうで安心しました。」

刃魔はバンさんに握手を求めた。

バンさんはそれに応え、刃魔と握手を交わす。

”な、なんてやせ細った手だ…”

刃魔は、バンさんのやせ細った手に、驚きを隠せなかった。

「えっと…私の取材でしたね…ではお話します。私の仕事の事を…」

続きを読む »

スポンサーサイト

 | HOME | 

プロフィール


かっぱくん

Author:かっぱくん
4サーバー CALLISTOにて生息中の妖怪

頭のお皿は、宇宙から落ちてきた物だと言う噂…



(C)1999-2005 CCR INC, ALL RIGHTS RESERVED. Published by SEGA


最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



過去ログ



カレンダー


01 | 2006/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -


ブロとも申請フォーム


この人とブロともになる


ブログ内検索



RSSフィード



リンク


このブログをリンクに追加する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。