RF探検隊

このブログは、かっぱの不思議な小説です。実際のRFでは、こんな話はありません^^; また、登場人物の方々についても、実際の性格を反映している訳ではない事をお伝えしておきます。

  スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  ノバス保育園

「ロング氏…あなたって人は…」

今日も平和なノバス保育園。いつもの様に、玄関では激戦が繰り広げられていた。

「え~ん、ママ~。いっちゃやだ~!」

トリさんの娘、バルちゃんはいつもお母さんとの別れ際、大声で泣き叫ぶ。

「お母さん~、お部屋まで抱っこして~。」

Nameless君は、なすママに抱っこをせがむが…

”キラッ”

バックから何か光る物を取り出そうとするなすママ。

それを見たNameless君は、スタコラサッサとコラ組へ駆け込んでいった。

一体、何を出そうとしたんだ…?

「じゃ、葬姫ちゃん。ひなのちゃん。いい子にしてるのよ。」

「は~い!ママいってらっしゃ~い!」

双子の葬姫ちゃんとひなのちゃん。いつも二人でいるためか、母親のCoconutsさんと笑顔で別れる事が出来る。

二人で手をつないでベラート組へと入っていった。

う~ん。仲がいいのは良いことだ。

おっと。ショット君がやってきた。

「パパ~!お仕事頑張ってね~!」

「ああ。ショットもいい子にしてるんだよ。」

ロング氏に手を振って、ショット君はダダダダダ~!っとコラ組へ走っていった。

「あれ?ショット!お着替えを忘れているぞ!」

玄関には、青い巾着袋がぽつんと置かれていた。ショット君のお着替えである。

しかしすでにショット君は部屋へ行ってしまっていた。

「しょうがないな…部屋まで持っていくか。」

ロング氏は巾着袋を持つと、コラ組へと向かった。

「あ、ショット君のお父さんだ~!」

廊下で戮姉妹とすれ違った。

「ああ、戮姉ちゃん。お母さんは今日も取材で忙しいのかな?」

戮姉妹の母、戮母はテレビのアナウンサーをしている。朝の聖戦報告から、ノバスの出来事を追いかけたりと忙しい身である。

「うん。今日もおちょくないちょうだって~。」

戮妹は舌足らずな言葉でロング氏に返事をする。

と、ロング氏の後ろから…

「あら、ロングさん。おはようございます。」

ベラート組のシャストア先生が声を掛けた。

「あ、おはようご…」

ロング氏が振り向いて挨拶を返そうとした瞬間。

”ドキ~ン!”

ロング氏は、雷で打たれたような衝撃を受けた。

”あ、あれ?シャストア先生って良く見たら…いいじゃないか!”

普段は息子の送り迎えだけで、保育士さんの顔をきちんと見る事のないロング氏。

初めてシャストア先生の顔をじっくりと見た彼は、どうやらシャストア先生に惹かれてしまったようである。

あれ?ロング氏にはDarkMelさんと言う奥さんがいるはずでは…?

「ロングさん、どうされました?」

急に顔を赤くしたロング氏を、シャストア先生は不思議そうに覗き込んだ。

「あ、あの、ええっと…そうだ、先生!今度お食事にでも行きませんか!?」

「は、はい!?」

え~、保育園内でのナンパは禁止です。しかもあなたは妻子持ちじゃ~ありませんか…

「オ~ホッホッホ!ロングさん。どうなされました?ショット君のお忘れ物でも持ってきて下さいましたの?」

「え?あ、ああ。そうでした!急がなくちゃ!」

そこへSct副園長が登場。ロング氏は当初の目的を思い出し、慌ててコラ組へと急いだ。

「も~。ロングさんも困った方ですわね~。私を誘ってくださればいいのに…オ~ホッホッホ!」

声高らかに去っていく副園長。突然のロング氏のお誘いに、訳がわからないシャストア先生は、首を傾げながらベラート組へと戻った。

「ねえ、お姉ちゃん。ロングしゃんなんでお顔が赤かったの?」

「う~ん。シャストア先生を見てからだから…お熱でも出たのかな?」

その場に取り残された戮姉妹は、部屋に入っていくシャストア先生を見つめながら考え込んでいた。





昼食が終わり、保育士達が休憩を取る時間となった。

未満児(3歳以下)はお昼寝のため、未満児の保育士と交代しながら休憩を取る。

「じゃ、優貴先生と春花先生、お願いしま~す。」

コラ組とベラート組の園児達は一つの組に集められて、優貴先生と春花先生に見てもらう。

その間にかっぱとシャストア先生は、帳面を抱えて休憩室へ行くのだ。

休憩室でコーヒーを飲みながら、今日の出来事を一人ひとりの帳面に記入していると

「ねえかっぱ先生。ロングさんって奥さんいたわよね?」

シャストア先生は朝の出来事が、まだ頭から離れないようである。

「うん?DarkMelさんって言う奥さんがいるよ。仕事が忙しいらしくて滅多に保育園にはこないけど。」

「ふ~ん。そうか~。」

”仕事が忙しいのか…奥さんに構ってもらえなくて寂しかったのかな?”

きっとそうだろうと思いながら、シャストア先生はコーヒーをすする。

”でもあの奥さん、物凄く怖いんだよな~。あれ?そういえば昔とんでもない夫婦喧嘩があったような…”

かっぱはふと気になったが、帳面の記入をしている内にすっかり忘れてしまった。





夕方。少しずつお迎えがやってきて、園児達は笑顔で帰って行く。

「お母さん!この割り箸の袋、上手に出来たでしょ!お父さんに使ってもらうんだ!」

お手元君は、得意げに割り箸の袋をお母さんに見せる。あの袋に入った伝説の割り箸が、明日店頭に並ぶのであろうか…?

そしてコラ組の園児も後数人となった時。

あ、ロング氏がやってきた。

「ショット!帰るぞ~!」

「は~い!じゃ、かっぱ先生さようなら~!」

カバンを担いで、ショット君はロング氏と手をつないだ。

ショット君と手をつないで廊下を歩くロング氏。何やらキョロキョロしている。

と、廊下の向こうからシャストア先生が歩いてきた。

「あ、シャストア先生!今朝のお返事はどうでしょうか?」

「え?あ、あれですか?本気だったんですか?」

シャストア先生は、真剣なまなざしのロング氏に、タジタジとなる。

「もちろん本気です!あんな事、冗談では言えません!先生にだから言ったんですよ!」

その目に偽りはないようである。シャストア先生は、その真剣なまなざしに、心を動かされた。

「わ、わかりました。お食事に行きましょう…」

「はい!では今度の日曜日に!お昼にベラートコントロールユニット前までお迎えに上がります!」

シャストア先生の返事に満足したロング氏は、早口で待ち合わせ場所を伝えると、スキップしながら去っていった。

”おお!あ、あれは俗に言う不倫ですか!?ドキドキしますね~!”

物陰で様子を見ていたEURO園長は、一人で興奮しながら園長室へと戻った。

保育園内でのナンパは禁止でしょ?園長…興奮しないで注意して下さい…

続きを読む »

スポンサーサイト

 | HOME | 

プロフィール


かっぱくん

Author:かっぱくん
4サーバー CALLISTOにて生息中の妖怪

頭のお皿は、宇宙から落ちてきた物だと言う噂…



(C)1999-2005 CCR INC, ALL RIGHTS RESERVED. Published by SEGA


最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



過去ログ



カレンダー


01 | 2006/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -


ブロとも申請フォーム


この人とブロともになる


ブログ内検索



RSSフィード



リンク


このブログをリンクに追加する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。