RF探検隊

このブログは、かっぱの不思議な小説です。実際のRFでは、こんな話はありません^^; また、登場人物の方々についても、実際の性格を反映している訳ではない事をお伝えしておきます。

  スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  ノバス保育園

「マッドな方々」

「じゃ、ショット。今日もいい子にしているんだよ。もんた君、頼んだよ。」

「は~い!パパ、お仕事いってらっしゃ~い!」

毎朝、保育園の玄関で繰り広げられている風景。

親と離れるのが嫌で泣き叫ぶ子、挨拶もそこそこに、さっさと自分のクラスへいってしまう子等、様々である。

今日はその中の一人、ショット君にちょっと注目。

ロングさんの息子であるショット君のそばには、いつもパイモンのもんた君がいる。

お父さんとお母さんは仕事が忙しく、なかなか息子に構ってあげられないからと、ショット君が一歳の誕生日の時にプレゼントしたアニムスである。

もうそれから三年の付き合いである。

アニムスを連れてくる事は本来お断りするところであるが、ショット君ともんた君は兄弟みたいなもの。

もんた君の保育料も負担すると言うご両親の熱心なお願いから、EURO園長が特別に許可をして下さったのだ。

”ガラガラガラ!”

「かっぱ先生、おはようございま~す!」

コラ組の戸を元気一杯に開け、ショット君が飛び込んできた。

「おはよう、ショット君。お、もんた君もおはよう。」

割り箸職人の息子であるお手元君に、折り紙を教えていた所であった。

入ってきた二人に気づいて、笑顔で挨拶を交わすかっぱ。

もんた君はペコリと頭を下げる。アニムスであるもんた君。まだこの世界の言葉をうまく話す事は出来ない。

「じゃ、ショット君。出席シールを貼ってから遊ぼうね。」

「は~い!」

カバンから一冊の帳面を取り出したショット君。長テーブルにセットされているシールを一枚はがし、今日の日付にシールを張ろうとするが…

何やら悩んでいるショット君に気づいたもんた君。今日の日付を指差して、ショット君に教えてあげる。

「あ、ここだった!もんた君、ありがとう!」

帳面をカバンにしまい、さっそく遊ぼうとするショット君。

「う~、おしっこ!先生!おしっこに行ってきま~す。」

ガラガラガラと戸を開け、急いで部屋を出て行くショット君。

「走ったら危ないよ~!…と…よっぽど我慢していたんだね。もんた君、ショット君が失敗したら教えてね~。」

もんた君はコクッとうなずき、ショット君の後を追いかけた。





「ふ~。すっきりした!じゃ、もんた君、一緒に遊ぼう!」

と、前を見ずに廊下へ出たショット君。

”ドン!”

ベラート組の雛森桃ちゃんとぶつかってしまった。

「い、痛い~!ちょっとショット君!ちゃんと前を見てよ!」

”ポカッ!”

と同時にショット君の頭を叩いた桃ちゃん。よくある出来事である。

「う、うえ~ん!桃ちゃんが叩いた~!」

ショット君の鳴き声を聞いたもんた君は、思わず桃ちゃんの頭を叩く。

「え~ん!もんた君が叩いた~!悪いのはショット君なのに~!」

二人の泣き声を聞きつけ、ベラート組のシャストア先生が慌ててトイレへ向かうが…

「ばか~!!!」

すでに間に合わず。桃ちゃんが盾でもんた君を叩いたところであった。

…いくらシールドマイラーだからと言って、どっから出したんだ、その盾…

「ムギュ~…」

ヘナヘナ~っと廊下へ倒れるもんた君。頭から少し血が出ている。

「も、もんた君!」

ショット君は叩かれた痛みも忘れ、もんた君のそばに駆け寄る。

「え~ん!もんた君~!」

「も、桃ちゃん、何してるの!ちょっともんた君を見せて!」

すぐにもんた君の頭を見るシャストア先生。たんこぶが出来て、そこから血が出ている。

”うん。傷はたいした事ないわ。でもこの二人に反省してもらうためにも…”

これもよくある事である。身体の痛みや心の痛み。そしてどうしていたらこんな事にならなかったのか等など。

少し大げさにして真剣に考えさせる事も、保育士の大事な役割である。

いつの間にかベラート組、コラ組の子ども達が集まってきている。

「あ、葬姫ちゃん。春花先生を呼んで来て!」

それからすぐに春花先生がやってきた。

シャストア先生と目配せをする春花先生。

「ふ~む、これは大変。ちょっと医務室へ連れて行くわね。」

もんた君を抱えて、春花先生は医務室へと向かった。

「じゃ、ショット君と桃ちゃん。なんでこうなったのかお話してくれるかな?」

シャストア先生は二人の視線に合わせてしゃがみ、理由を聞いた(長くなっちゃうので、この部分はカット^^;ご希望があれば追加します^^)





春花先生は、たんこぶに消毒をしてバンソウコウを貼った。

「よし!もんた君、これで大丈夫。」

もんた君は頭をさすりながら、春花先生にペコリと頭を下げた。

とその時、医務室の戸が開いた。

「フン。相変わらずなんて雑な治療だ。美しくない…」



「あ、あんたはKurenai!何しに来たのよ!」

Kurenai先生はベラートで看護師をしている、春花先生のライバルである。

学生時代から、美を追求してきた二人。常にどちらが上かを競っているのである。

「今度の職員健康診断の事で、園長を訪ねてきたのだが…お前には美学がないのか?」

「ふん。あんたの言う美学なんて、この保育園の子よりもたいした事ないわ!」

”バチバチバチ…”

火花が飛び散る二人。その二人に挟まれたもんた君は、ただオロオロするだけである。

「勝負よ!」
「勝負だ!」

こうして春花先生とKurenai先生の勝負が始まった…

続きを読む »

スポンサーサイト

 | HOME | 

プロフィール


かっぱくん

Author:かっぱくん
4サーバー CALLISTOにて生息中の妖怪

頭のお皿は、宇宙から落ちてきた物だと言う噂…



(C)1999-2005 CCR INC, ALL RIGHTS RESERVED. Published by SEGA


最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



過去ログ



カレンダー


12 | 2006/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


ブロとも申請フォーム


この人とブロともになる


ブログ内検索



RSSフィード



リンク


このブログをリンクに追加する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。