RF探検隊

このブログは、かっぱの不思議な小説です。実際のRFでは、こんな話はありません^^; また、登場人物の方々についても、実際の性格を反映している訳ではない事をお伝えしておきます。

  スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  プラットホーム~すべての始まり~

スポンサーサイト

  プラットホーム~すべての始まり~

  プラットホーム~すべての始まり~

  プラットホーム~すべての始まり~

  ヘカテのクリスマス

ノバス星にも雪が降り積もってきた。ノバスに住んでいるすべての種族は、クリスマスを楽しんでいる。

各HQにはクリスマスツリーが飾られ、外にはチューティーサンタも登場し、戦いの疲れを癒してくれている。

さて、ここはアニムス達の異世界。

ヘカテは一人部屋で紅茶を楽しんでいた。

「ふう…ノバスはすっかり寒くなってきたようね。雪も降ってきたようだし、チューティーがサンタになっているって言っているわね。」

テレビには、ノバスの様子が映し出されていた。

「あら、あれはクリスマスツリーかしら。」

今画面には巨大なクリスマスツリーが映し出されている。

ヘカテはテレビを観るだけで何とか我慢をしているが、本当はみんなと一緒にクリスマスを楽しみたいのであった。

「パイモンさんやイナンナさんにイシスさん…みなさん、ノバスで楽しんでいるのかしら…」

他のアニムスの不在ランプが付いているのを見て、ヘカテはため息をついた。

「ま、いいですわ。何が”メリークリスマス”よ。メリーさんにクリスマスって、おめでたいわね。」

なんとかクリスマスの事を諦めようと、ヘカテは無理矢理変な理由をつけている。

「あら、もうこんな時間。寝る準備でもしましょうか。」

時計はすでに23時を回っていた。

ヘカテはテレビを消し、紅茶を片付けようとした。

”コンコン”

ドアをノックする音がした。

「誰かしら?こんな時間に…?」

ヘカテは不思議に思いながらドアを開けた。

「やっほ~!ヘカテちゃ~ん!」

元気に飛び込んできたのは、イナンナであった。

「えっ、ええ?イナンナさん!?あなた、ノバスでクリスマスを楽しんでいたのではないんじゃ…?」

ヘカテは驚いた。イナンナと言えば、アニムスの中でもおそらく一番人気があるのではないだろうか?

そのイナンナが異世界へ戻ってきているのだ。

「ん~。だって~、ノバスは寒いんだも~ん!ヘカテちゃんの部屋で紅茶を飲みたくなっちゃった!」

イナンナはそう言って部屋へ入った。

「もう…仕方ありませんわね。今紅茶を入れて差し上げますから、そこで座っていて下さいな。」

ヘカテは呆れたように言ったものの、内心は少し嬉しかった。

「あ、そうだ!これ一緒に食べよ~!」

イナンナが差し出したのは、高級キャンディースティック。

「あら、これはどうしましたの?」

「うん!サンタさんから貰ったの~!」

イナンナは席を立って、ヘカテからお皿を貰い、キャンディーを乗せた。

”ドンドン”

今度は力強いノックの音。

「はい?そんなに強く叩かなくても、ちゃんと聞こえますわよ。」

紅茶の準備を途中でやめて、ドアを開けるヘカテ。そこにいたのは…

「おお。ヘカテ。こんばんは。」

パイモンであった。

「あらパイモンさん。こんな時間にいかがなされたの?」

「ん?いや、ご主人が寝たから、ヘカテの部屋で紅茶でもご馳走になろうかと思ってな。」

「そうでしたの。丁度イナンナさんもいらしてるから、一緒に座ってお待ちになってて。」

パイモンもイナンナと一緒に座って紅茶を待つ。

「おお。そうだ。たまたまこれを貰ったんだ。」

パイモンはそう言って高級プレゼントボックスを差し出した。

「あら、それは何ですの?」

ヘカテは紅茶のコップを追加しながら尋ねた。

「ああ、これはサンタからのプレゼントらしいんだが、俺は興味がないのでな。紅茶を貰う代わりに、ヘカテにあげるよ。」

「紅茶位、いつでも差し上げるのに。気を使っていただいて申し訳ないわ。」

そう言いながら受け取るヘカテ。内心では嬉しく思っていた。

”カチャカチゃ…”

ヘカテが紅茶を準備する音が聞こえる。

いつの間にかクリスマス気分になってきたヘカテ。

二人の訪問者のために、高級な紅茶を用意する。

”コンコン”

またノックの音。今度は誰であろうか…?

「はい?どなたかしら?」

ドアを開けるとそこには、イシスがいた。

「こんばんは。ヘカテさん。」

「あら、イシスさんじゃないの。お忙しいのにどうしましたの?」

イシスはその攻撃力から、全アニムスの中で一番呼び出される回数が多いはずだが…?

「今日はクリスマスなので、今晩だけご主人様からお休みをいただいたんです。なのでヘカテさんの紅茶をいただこうと思いまして。」

「そうでしたの。イナンナさんとパイモンさんもいらしているので、一緒に待っていて下さる?」

「ええ。お邪魔します。」

イシスも座って紅茶を待つ。

「あ。そうでした。これをみなさんでいただきましょう。」

そう言ってイシスは、高級ケーキを差し出す。

「あら、なんておいしそうなケーキ。これはどうしましたの?」

「ええ。クリスマスなので、ご主人様が下さいました。」

クリスマス…さっきまでは自分に関係ない行事だと思っていたヘカテだが、こうやってみんなが尋ねて来てくれるこの日を感謝し始めていた。

「では、包丁とケーキ皿に、後フォークも用意しましょうか。」

ヘカテは食器棚から必要な物を取り出す。

「さ、みなさん。お待たせしました。」

”コポポポポ…”

いつもとはちょっと違った紅茶の香りが、アニムスたちを包み込む。

”サクッ”とケーキを切るヘカテ。

「あ、この飴、みんなもどうぞ~!」

イナンナはそのケーキにキャンディーを付け加えた。

「ヘカテ。ここにたまたまロウソクもあるんだが、お前が火をつけてくれないか?」

パイモンはロウソクを4本取り出し、それぞれのケーキに差す。

「ええ。いいですわよ。…ファイア。」

小さな炎が、ヘカテの指先から現れ、一本一本のロウソクに火を灯していく。

「ではロウソクに火がついたので、電気を消しましょうか。」

イシスが部屋の電気を消す。

ロウソクの明かりだけが辺りを映し出している。

クリスマスと言う事もあって、幻想的な雰囲気が漂う。

「サ~イレントナ~イト♪」

イナンナが歌いだした。それにあわせて、他のアニムス達も歌いだす。

歌い終わって…

「では、火を消しましょうか。」

イシスの号令で、みんなが息を吸い込む。

”フ~~~!”

同時に火が消え

「メリー!クリスマス!」

声をそろえてクリスマスを祝う4人。ヘカテはすでに先程思っていた事は、忘れてしまっていた。

「さて、電気をつけてケーキを食べましょう。」

ヘカテが電気をつけた瞬間…

”パン!パン!”

いつの間に用意をしていたのであろうか。

パイモン達が一斉にクラッカーを鳴らした!

「ヘカテちゃん!はい!」

イナンナがヘカテにクラッカーを渡した。

ヘカテの目には、嬉涙が浮かんでいた。

”パン!”

ヘカテもクラッカーを鳴らす。

「わ~い!じゃ、これ食べよ~!」

それぞれフォークを持って、ケーキを食べ始める。

「イ、イナンナ…そんなに勢いよく食べなくても…」

「いいですよ、パイモンさん。まだケーキはありますから。」

「あら、イシスさん。紅茶のおかわりをどうぞ。」

「ケーキおいし~!あ、飴もなめなくちゃ!」

ヘカテの部屋に、明るい声が響く。

ふとヘカテがみんなの呼び出し装置を見ると…

”あ、電源が切ってある…”

そう。みんなはヘカテのために、わざわざノバスから戻ってきたのである。

しかも呼び出しが来ないように、電源を切って…

”メリークリスマス”

ヘカテは心の中でもう一度クリスマスに感謝し、また他のアニムスにも感謝をした。

この日は、深夜までパーティーが続けられたと言う。

              BY かっぱくん^^

  バファー神殿の謎 最終話

  アニムス達の憂鬱 最終回 イシス編

アニムス…神聖同盟コラの、サマナーのみが召還出来る、異次元の住人達…

イシス…4体のアニムスのうち、最大の攻撃力を誇っている。

セット砂漠、風の洞窟にて

「あ、しまった…」

ターンコートハンターと戦っていたシンディ。油断した隙に怪我を負ってしまう。

チャンスと思ったのであろう。ターンコートハンターは、シンディに止めを刺そうと、襲い掛かってきた。

”バシュ!!”

すんでの所でイシスがターンコートハンターに止めを刺す。

崩れ落ちる敵。と同時に、シンディも痛みのあまり、膝をつく。

「あ、ご主人様…」

イシスは心配してシンディに駆け寄る。

「大丈夫…こんなの、かすり傷よ…」

しかし無理をしているのは、明らかであった。

異世界へ戻ったイシスは、一人悩んでいた。

”ご主人様を守るのが私の役目…でもあのような強敵が相手では…”

普段は自分達の能力向上に努めいている戦士達。

その能力を買われて、依頼が入る事が時々ある。

”明日も風の洞窟での仕事がある…一体、どうしたらご主人様を守ることが出来るんだろう…”

イシスは悩んだ。眠る事さえ忘れて悩んだ。

”洞窟で…あの暗い洞窟で…はっ!!そうだ!その手があった!”

何かを思いついたイシス。安心して眠りについた。

次の日…

「さあ、昨日みたいなドジは踏まないわよ!イシス、今日もよろしくね。」

「はい。ご主人様。では…」

と突然イシスは、シンディを上に放り投げた。シンディは洞窟の天井に引っかかる。

「ちょ、ちょっとイシス!何のつもりよ!」

天井でジタバタするシンディ。

「ご主人様。そこにいれば怪我をする事はありません。さあ、お仕事をしましょう。」

「馬鹿!どうやって降りるのよ!こらイシス!降ろして~!!」

しかし頑固なイシス。シンディの仕事が終わるまで、天井にぶら下げたままだったという。

イシスの上から降りかかってくるフォース。はたから見たら、不思議な光景であっただろう…

                 BY かっぱくん^^

  アニムス達の憂鬱 イナンナ編

アニムス…神聖同盟コラの、サマナーのみが召還出来る、異次元の住人達…

イナンナ…回復専門のアニムス。その愛くるしい姿からか、みんなから可愛がられている。

「いつもありがとうね!イナンナちゃん!」

「いいえ~、いいんでちゅ!それが私の役目なのでちゅ~!」

「も~、なんていい子なんだ、イナンナちゃんって!じゃ、また頼むね~」

「は~い!また呼んでくだちゃいね~!」





異次元へ戻ってきたイナンナ。

部屋へ入るなり、帽子を投げ捨てる。

「ったくよ~!!何がイナンナちゃんだ!!ふざけんなっての!!」

先程まで笑顔であった顔が、いつの間にか険しくなっている。

あぐらをかいて、ビールを片手にテレビを観始める。内容は格闘技。

「そこだ!いけ~!!あ、何やってるんだよ!このドジ!!!」

お気に入りの選手が負けそうになっているので、少々興奮気味である。

とその時、呼び出しのランプが光る。

「げ!こんな時に呼び出しなんて!」

イナンナは慌てて鏡に向かって、表情を作る。あっという間に笑顔に変わった

先程の険しい顔はどこへやら…

「あ、あ~!うん。よし!」

声の調子も変える。

と、ご主人の呼ぶ声が。

「イナンナ~!出番だよ~!」

「は~い!ご主人ちゃま~!」





イナンナに騙されないように…

               BY かっぱくん^^

  アニムス達の憂鬱 ヘカテ編PART2

アニムス…神聖同盟コラの、サマナーのみが召還出来る、異次元の住人達…

「バルさん、頑張っているかしら…」

「彼女なら大丈夫だと思いますわ。あら、割り箸さん。おかわりはいかが?」

バルが呼ばれて約30分が過ぎようとしていた。

トリと割り箸は、相変わらず平和?な時を過ごしていた。

「それよりも、お土産は大丈夫かしら?バルさん、かなりお怒りの様でしたので…」

「ええ。そうですわね。私達にとってノバスの物は埋蔵金並に貴重ですものね…」

とその時、ドアが開いた。バルが戻ってきたのである。

「あらバルさん、お帰りなさいませ。いかがで…?」

トリはバルの顔を見て、途中で言葉が止まった。

バルの目は真っ赤であった。

「く、くやし~!!!!」

バルはハンカチを口にくわえ、大声で泣き出した!

トリと割り箸は何事かと思って聞いてみる。

「バ、バルさん。いかがなされたの?」

「さ、涙を拭いて、紅茶を飲んで落ち着いてくださいませ。」

バルは二人に促され、紅茶を一口飲み込む。

少し落ち着いたのであろう。静かに、しかし怒りのこもった声で話を始めた。

「先程、ハラムの凍えた高原でご主人様と一緒に、ナイアードヘラーを狩っていましたの。狩りは順調に進みましたよ。狩りは…。」

バルはまた涙を流し始める。余程くやしかったのであろう。

トリと割り箸は、ただただ、聞く事しか出来なかった。

涙を抑え、バルが再び話始める。

「ふと夢中になっていると、後ろから一本の矢が私の頬をかすめましたの…”他種族の襲撃!?”私はそう思って後ろを振り向きましたわ…。」

今度は怒りで肩が震え始めるバル。

「後ろを向いた先にいたのは、コラのアーチャーでしたわ…」

ここでようやくトリが口を開いた。

「あら、下手なアーチャーだったのね。大変な目に遭われましたね。」

バルは”ドン!”とテーブルを叩いて

「いいえ!まだ続きがあるのよ!」

驚くトリと割り箸。

”ハーハー”と息を荒げるバル。

「そのアーチャー、何て言ったと思います!?

”拳死狼「あ、ごめん。ナイアードヘラーと間違えた。」”

ですよ!!」

それを聞いた二人。あまりの驚きに、言葉を失っている。

「なんであんな奴と間違えられるの!?クリオネみたいな、いつも”ヘッホヘッホ”言ってるやつと間違えられるなんて!!!」

そこでバルは我慢できなくなったのか、大声で泣き始める。

「バルさん、わかりますわ、そのお気持ち…」

割り箸がそう声を掛けた時、トリの呼び出しランプが光った。

「あら、なんて久しぶりな呼び出し。丁度いいわ。バルさん。私がナイアードヘラー達を消し去ってくれるわ!!」

トリは久しぶりの呼び出しに意気込んでいた。

”ごめんなさいね、しばらく呼ばなくて。じゃ、ヘラー、じゃなくてヘカテ、出番よ”

ご主人の言葉にトリは、赤い身体がさらに赤くなるのを感じた。

そしてその日…ハラムのナイアードヘラー達は、姿を消したと言う…

                 BY かっぱくん^^

  アニムス達の憂鬱 ヘカテ編PART1

アニムス…神聖同盟コラの、サマナーのみが召還出来る、異次元の住人達…

ヘカテ…フォース攻撃を得意とするアニムス。

”ふう、もうこんな時間…あの方々が来る時間ですわね…”

トリを主人に持つヘカテは、時計を見ながら友の訪問を待っていた。

”ピー!”

丁度紅茶用のお湯が沸いたようだ。

もう何日、この様に過ごして来たのだろう…最後に呼ばれたのがいつなのか、もう忘れてしまっている…

”コンコン”

ドアをノックする音。彼女達が来たようだ。

「あら、お待ちしておりましたわ。どうぞ。」

入ってきたのは、バルを主人とするヘカテと、割り箸を主人とするヘカテである。

「トリさん、いつもお邪魔して申し訳ありませんね。今日はお茶受けに、これを持って来ましたのよ。」

バルはそう言ってお菓子箱を差し出す。

「あら、そんなお気遣いなく。お互い毎日なんですから…」

トリは、台所へティーカップと菓子皿を取りに行く。

バルと割り箸は、椅子に座って待っている。

”コポポポポ…”

二人の目の前で紅茶が注がれる。トリも座り、お菓子を食べながら話が始まった。

「ねえ割り箸さん。最近どうしていらっしゃるの?」

「そうね…毎日朝起きたらお散歩して…それから掃除に洗濯…お昼を食べながらテレビを見て…そしてみなさんとお茶をした後は、夕食のお買い物に行ってまたお食事をして…。後はお風呂に入ってすぐに寝てしまいますわ。」

「…」

「…ま、まあ聞いた私が間違っていましたわ…」

トリは咳払いを一つした。

「そういうトリさんは、どうしていらっしゃるの?」

今度はバルが質問をしてきた。

「そうね…大体割り箸さんと一緒よ…そういえばみなさん、最近召還された事、あります?」

「私はこの1ヶ月程ないわね…」

割り箸は遠い目をしながら答えた。

「私は1週間程前に召還されましてよ。」

バルは少し自慢げである。

「…いいわね…ところでこのお菓子、とてもおいしいわ。私も欲しいわね。バルさん、どこでお買いになられたの?」

お菓子を食べながら、割り箸は質問した。

「え、ええ。このお菓子は…1週間前に召還された時、ハラムで買いましたの…」

バルは気まずそうに答えた。

「…」

「…」

「そ、そういえばお聞きになりました?私の所のパイモンさん。」

「え、ええ。知っていますわ。なんでもつい最近まで”バイモン”って呼ばれていた事でしょ?」

バルの答えを忘れようと、トリと割り箸は話題を変えた。

「かわいそうよね、名前を間違われるなんて。考えられない事ですわ…」

バルもその雰囲気を感じ取って、話に乗ってくる。

とその時、バルの呼び出しランプが点滅する。

「あら、ご主人様からのお呼びだわ。ついでに先程のお菓子、お土産に買ってきますわね。」

バルは席を立ちながら、主人の呼ぶ声を待つ。

”え~と、なんて名前だったっけ?ヒ…じゃなくて、フでもなくて…あ、そうそう。ヘカテ!出番よ!”

名前すら忘れられそうになっている…

怒りに肩を震わせているバルに二人は

「お土産、楽しみにしていますわ…」

そう言うのがやっとであった…

                 BY かっぱくん^^

  アニムス達の憂鬱 パイモン編

アニムス…神聖同盟コラの、サマナーのみが召還出来る、異次元の住人達…

「イテテテ…」

一匹のパイモンが戻ってきた。

それをたまたま出迎えた別のパイモン…

「おお。割り箸じゃないか。毎日大変だな。」

割り箸と呼ばれたパイモン。アニムス達は、それぞれの主人の名前で呼ばれている。

「バル、お前も俺の事は言えないだろう。」

バルの差し出したコーヒーを口にしながら、割り箸は答える。

「まあ、お前ほど大変じゃないよ。で、今日もアサシンとタイマンしてきたのか?」

パイモン…近接型アニムスである彼は、接近戦が専門である。ゆえに戦闘では常に最前線に立ち、主人を守る。

「ああ。主人の命令だからな…逆らえないよ…」

割り箸は、ハァ~とため息をつく。

「まあ、それが俺達の役目だからな。仕方ないよ。」

バルは、割り箸にお菓子を差し出す。

「それは分かっているんだ。でも、許せない事が一つあるんだ…」

割り箸は、遠い目をして話を始めた…

「俺達はそれぞれの主人に、弱い頃から育てられてここまで強くなった。そう、苦労を共にしてきたんだ。でも、でもな・・・」

割り箸は涙ぐんだ。

「この前まで、俺の事…バイモンって呼んでたんだぜ…」

「う、うわ~…それは悲しいな…」

「バイモンだぞ!?バイ!貝じゃないんだぞ!俺は寿司屋で回ってなんかいないんだ!」

割り箸は声を張り上げた。

「ま、まあ、この前までって事は、今は大丈夫なんだろう?」

バルは割り箸を慰めようと、一生懸命である。

「まあな…」

とその時。

バイモ~ン出番だぞ~!」

涙を流しながら割り箸は答える。

「わかりました。ご主人様~。。。」

バルは涙が止まらなかった…

                 BY かっぱくん^^

  バファー神殿の謎 PART7

  バファー神殿の謎 PART2

 | HOME | 

プロフィール


Author:かっぱくん
4サーバー CALLISTOにて生息中の妖怪

頭のお皿は、宇宙から落ちてきた物だと言う噂…



(C)1999-2005 CCR INC, ALL RIGHTS RESERVED. Published by SEGA


最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



過去ログ



カレンダー


11 | 2005/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31


ブロとも申請フォーム


この人とブロともになる


ブログ内検索



RSSフィード



リンク


このブログをリンクに追加する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。