RF探検隊

このブログは、かっぱの不思議な小説です。実際のRFでは、こんな話はありません^^; また、登場人物の方々についても、実際の性格を反映している訳ではない事をお伝えしておきます。

  スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  アニムス達の憂鬱~2006夏~

「謎を解きたがる男 最終話」

ブラッドバファーレックスの助けを借りようとしたが、saegalは見事に姿を消してそれをかわした。

「うう~!!!!!しつこい!これは渡せないっていうのに~!」

パイモンは、saegalから逃げながら、最後の手を考えていた。

「ヴァラスさんの所へ行くか…いや、また姿を隠すだろう。それじゃダメだし…」

バファー神殿からハラムの赤い浜へ抜け、影の森へとやって来たパイモン。

「…ん?待てよ…時間は…よし!最後の賭けだ!」

ふと何かを思い出したパイモンは、そのまま影の森を通り抜け、前進基地へと向かった。

「待てパイモン!どこへ逃げようとも無駄だ!諦めてその皮を渡すんだ~!」

パイモンの後を追い、共に前進基地へと向かうsaegal。

だが、パイモンは前進基地へは入らず、その手前で左に曲がり、HQの赤い浜方面へと向かった。

「んん?この先は…ふん。またピットボスにぶつけようとしているのか?ムダムダ!」

だがパイモンは、ただひたすら走り続けている。

「あれ?赤い浜には行かないのか?この先はHQだぞ?パイモンめ。逃げ惑うあまり墓穴を掘ったみたいだな!はっはっは!」

saegalの言うとおり、パイモンは自らHQへ向かって逃げ場を無くそうとしている。

だが、パイモンの目的は違った。

「間に合え、間に合え!もうすぐ来る。あれが…キター!」

パイモンが待っていたもの。それは…

イダーから来た輸送船。今、HQ発着場へ着陸しようとしている。

パイモンは、発着場で立ち止まった。

そして、saegalの方を振り向いた。

「はっはっは!ようやく観念したか!」

saegalは、ニヤニヤしながらパイモンに近づいた。

「くっくっく!saegalさん。策にはまったね!」

だが、追い詰められているはずのパイモンは、勝ち誇ったように笑った。

「え?策にはまった?どこに?」

saegalが不思議そうにあたりを見たが、何もない。

「なんだ。騙そうとしているだけか!さあ、大人しくその皮を…」

saegalが手を伸ばした時

”カツーン…カツーン”

輸送船から一人の乗客が降りてきた。

その乗客の姿を見た瞬間、saegalの動きが止まった。

「あらパイモン。私を出迎えてくれたの?」

「あ、DarkMelさん!おかえりなさい!」

パイモンはDarkMelの側へ寄ると、saegalを指差し

「saegalさん、さっきから私を追いかけてくるんです!」

と、DarkMelに訴えた。

「…saegalさん…。私のパイモンに何か御用ですか…?」

”ゴゴゴゴゴ…”

DarkMelの笑顔の裏に、殺気を感じたsaegalは

「い、いえ!なんでもございません!パ、パイモン君、メルさんと会えてよかったね!それじゃ!」

と言い残して、あっという間に去ってしまった。

「ふ~。助かった…じゃ、DarkMelさん。これで帰ります!」

「ええ。気をつけるのよ。」

安心したパイモンは、自分の家へと帰り…

「ったく。なんで人の一張羅(いっちょうら)を欲しがるんだよ…高いんだからな、これは…」

金色の服?を洗濯して干すのであった…
スポンサーサイト

  アニムス達の憂鬱~2006夏~

「謎を解きたがる男 その2」

saegalから逃げ続けるパイモンは、ある事を思いついた。

「そ、そうだ!今ならあそこへ逃げ込めばいいんだ!」

咄嗟に向きを変え、その目的地へと向かった。

「む!パイモン、どこへ逃げる!」

夢中で追いかけるsaegalは、パイモンの行く先など気にしていない。

やがてパイモンは、薄暗い洞窟の中へと逃げ込んだ。

「もう少し、もう少し!」

息を切らしながら逃げるパイモン。

「おや?ここは…バファー神殿か。ふふふ…どこへ逃げようとも同じだ!」

ニヤニヤしながら、saegalは洞窟へと足を踏み入れた。

その間に、パイモンは目的地へと辿り着いていた。

目的地には、あるモンスターが待機していた。

「ふぁ~あ…暇だな…おや?あれはパイモン…何をしているんだ?」

息を切らせながら、こちらへ向かってくるパイモン。

そのモンスターは、何事かと尋ねた。

「おい、どうしたんだパイモン?」

しかしパイモンは

「俺の…後ろ!後ろ!」

と何かのギャグの様に、叫びながらあっという間に走り去ってしまった。

「お、おい…?後ろって…。ん?あいつはsaegal。」

パイモンが過ぎ去った後に目に入ったのは、同じく必死に走ってくるsaegal。

「よぉ~、saegalじゃないか。」

そのモンスターは、走るsaegalの邪魔をするように、前へと躍り出た。

「え…、ブラッドバファーレックス…さん…」

「おや?今は一人か。丁度いい。覚悟しろ~!!!!!」

突然ブラッドバファーに襲われるsaegal。

パイモンは、丁度ピットボスが現れる時間になっている事に気付き、バファー神殿へsaegalを誘導したのであった。

ピットボスである彼と、1対1で勝てるわけない…

「ひ、ひぇ~!!!!!!」

あっという間にガード達に囲まれるsaegal。

「それ~!!!!!」

”ドガガガガガ!”





少し離れた場所から、様子を見ていたパイモン。

「ふぅ~。これで一安心。さて、帰るかな。」

と、神殿の中を通って主人の下へと帰ろうとすると…

「甘い!甘いぞパイモン!」

何もない空間から、突然saegalの声が!

「え、ええ~!!!!!」

”ボワン”

突然パイモンの目の前に、saegalが現れた!

「俺が、姿を隠せる事を知らなかったようだな!」

「うぁ~!!!!!」

またまた逃げ出すパイモン。

saegalから逃げ切る事は出来るのであろうか…

  アニムス達の憂鬱~2006夏~

「謎を解きたがる男 その1」

”ミ~ンミンミン…”

コラ中立地区の一つ、ハラムフォーレスト。

「あつ~…こう暑くちゃ、戦う気にもなれないや…」

パイモンは、剣をウチワに持ち替えて一生懸命仰いでいた。

「あ、よく考えたら、一皮脱げばいいんだった。」

パイモンは周囲に注意を払い、誰もいない事を確認してから、物陰へと消えていった。

だが…そんなパイモンをジッと観察している人物がいた。

彼…saegalは、ある噂を確認するためにパイモンをつけていたのだ。

”いよいよか!?絶対、絶対手に入れてやる!”

姿を消しながら、saegalはパイモンが消えていった物陰へと近づいた。

”ゴソゴソ…”

物陰から、何かがこすれる音がする。

”や、やっぱりあの噂は本当だったのか!?”

高鳴る鼓動を抑えながら、saegalは顔をそっと出した。

「んしょ、んしょ・・・」

パイモンが…パイモンが脱皮している!

saegalは確かに見た!アニムスであるパイモンが、脱皮している瞬間を!

”うお~!!!!!あの皮…あの皮を手に入れたら、みんなきっと信じるはず!”

姿を消している今、パイモンに気づかれる事はない。

saegalはこっそり近づいて、パイモンが脱ぎ捨てた皮を拾おうとした。

「…え?」

「…おろ?」

…だが運の悪い事に、丁度効果時間が過ぎたようだ。

「saegalさん!!!!!」

「その皮をよこせ!これがあれば、みんな信じてくれるんだ!」

パイモンとsaegalは、皮を引っ張り合いっこしている。

浮かんでいる分、パイモンは踏ん張りが利かない。

徐々にsaegalに引き寄せられる皮。

「あ!あそこにメルさんが!」

突然、パイモンが叫んだ!

「ええ~!!!!!」

ビクッとしながら後ろを振り向くsaegal。

その瞬間、手が離れてしまった。

「あ、しまった!」

皮を握ったまま、パイモンは逃げてしまった。

「ま、待て~!」

こうして、パイモンとsaegalの壮絶なる鬼ごっこが始まったのである…

  アニムス達の憂鬱~再び~


「やったぜ!バケーション!」

ノバスの星も、そろそろ蒸し暑くなって来た頃…

「いや~、暑い暑い!こうも暑くちゃ、動く気にもなれんな~!」

ソードをうちわに持ち替え、一生懸命仰いでいるのは割り箸バイモン。

「は~。たまには休みでももらって、涼しいところにでも行きたいよ。」

トリパイモンは冷えた麦茶を飲みながら、ゴロゴロしている。

「仕方ないよ。戦いに休みはないんだし…」

アイスをほおばり、口の周りがベタベタになっているのは、バルパイモン。

三人のパイモンは、”はぁ~・・・”とため息をつく。

”トントン”

そこへ、ドアをノックする音が聞こえた。

「鍵は開いているから、どうぞ~。」

割り箸バイモンは動くのも面倒と、誰かも確認せずに呼び寄せる。

「やぁやぁ!みんな相変わらずだな!」

入ってきたのはひなもりももパイモン。なにやら他のパイモン達とは色が違う。

「あれ?ももさん。もしかして日焼け?」

トリパイモンに言われて、ももパイモンはニヤニヤと

「ふふふ。実は昨日、ご主人にお休みをもらって、HQの赤い浜で日光浴をしてきたんだよ!」

ももパイモンはクルリと一回転し、全身を他のパイモン達に見せる。

「え~!いいな~!俺達も、休みがほしいぞ~!」

割り箸バイモン達は、そんなももパイモンをうらやましそうに見つめる。

”ピピピピピ”

その時、割り箸バイモンの呼び出し音が鳴った。

「おっと呼び出しだ!さて、頑張ってくるかな。」

よっこいしょと立ち上がり、割り箸バイモンは家を出ようとした。

「ちょ、ちょっと割り箸さん。ウチワウチワ!そんなのでモンスターとは戦えないよ!」

「うぉ!すっかり忘れてた!」

ソードを持っていたつもりだった割り箸バイモン。自分をウチワで仰いでいた事をすっかり忘れていた。

バルパイモンはそんな割り箸バイモンに、ソードを渡してウチワを受け取る。

「じゃ、みんなノンビリしていてくれ。」

自分の装備を確認し、割り箸バイモンはご主人の元へと出陣。

その間、トリ・バルパイモンはももパイモンのお土産話をうらやましそうに聞いていた。

約30分後。

「た、ただいま!みんな!聞いてくれ!」

割り箸バイモンは興奮して戻ってきた。

「どうしたの?そんなに興奮して。」

トリパイモンはたじろぎながら、問いかけた。

「な、なんと!ご主人様が明日、避暑地へ連れて行ってくれるって言うんだ!」

続きを読む »

  お久しぶり!アニムス達の憂鬱

「つ、ついにヘカテに活躍の場が!?」

アニムス…神聖同盟コラの、サマナーのみが召還出来る、異次元の住人達…

ヘカテ…フォース攻撃を得意とするアニムス。

割り箸ヘカテの家では、相変わらず重い空気が流れていた。

「…相変わらず暇よね…」

バルヘカテは、紅茶をすすりながらつぶやいた。

「バルさん、違うわよ!来るべき日のために、私達は力を蓄えているんですのよ!」

トリヘカテは、いつも自分に言い聞かせている事を、口に出した。

「…でも、私まだレベル1ですわよ…」

しかし割り箸ヘカテは、寂しそうにポツリとつぶやいた。

その言葉に、一同口を閉じてしまう。

しばし静寂の時が流れた。

”ドンドンドン!”

突如、その静寂を破るように、ドアを叩く音が鳴り響いた。

「ど、どなたかしら!?」

割り箸ヘカテは、驚いて思わず大きな声を出してしまった。

「私よ!ペレペレよ!」

ドアを叩いたのは、ペレペレヘカテ。

勢い良くドアを開き、中へと飛び込んできた。

「ど、どうしましたの?ペレペレさん?」

その慌てぶりは、普通じゃない。

「お聞きになりました!?私達、ノバスでの火力UPに成功したんですわよ!」

ノバスでは、本来の力が出せないアニムス。

ノバスでも本来の力が出せるよう、日々研究され続けていたのだ。

「え!?本当ですの!?ついに、ついに私達が表舞台に出れるのですね!」

ヘカテ達は、感激のあまり涙を流し始める。

「ええ。まだ完全とは言えませんが、以前より力を出す事が出来る様になったみたいです。」

ペレペレヘカテは、ハンカチで涙を拭っている。ここに来るまでも、感激で泣いていたのであろう。

他のヘカテ達よりも、目が赤い。

「これで、名前を忘れられたり、へラーと間違われる事はなくなりますね!」

バルヘカテも、辛かった日々を思い起こしながら、涙していた。

”ピピピピピ…”

とその時、ペレペレヘカテの呼び出しが掛かった。

「あら!早速ご主人からですわ!場所は…鉱山ですわね!」

「ペレペレさん!頑張って名前を売ってくるんですわよ!」

ペレペレヘカテは、大きく頷いて鉱山へと向かった。

「楽しみですわね。これからきっと、忙しくなりそうですわ!」

期待を胸に、ペレペレヘカテの帰りを待つヘカテ達。





30分後。

「ペレペレさん!お疲れ様でしたわね!ささ、こちらへお座りになって!」

わずかに微笑みながら、ペレペレヘカテが帰ってきた。

それを迎え入れるヘカテ達。

「あら?ペレペレさん。あまり浮かない表情ですわね…?」

しかしペレペレヘカテの微笑みは、わずかに引きつっていた。

「どうなされたの?何か失敗でも…あら?この匂いは…?」

ペレペレヘカテの様子に疑問を感じたトリヘカテ。

側に寄って話を聞こうとしたものの、なぜか…

「油…の匂いですわね…。」

そう。なぜか油の匂いが。

それを聞いた途端、ペレペレヘカテは、大粒の涙を流し始める。

「ど、どういたしましたの!?」

割り箸ヘカテは、慌ててハンカチを差し出し、バルヘカテは紅茶を差し出した。

涙を拭き、紅茶を一口飲んで落ち着いたのであろう。

ペレペレヘカテは、口を開いた。

「チャーハン…」

「え?小さくて聞こえませんわ?」

「チャーハンよ!チャーハン!私、チャーハンを作るために、呼び出されたのよ!」

衝撃の告白。

他のヘカテ達は、耳を疑った。

「…え?どういう事ですの…?」

「…火力がUPしたからって、”へカテ。ちょっと試しにチャーハンを作ってくれ”って…」

ペレペレヘカテのご主人は、古物商を営んでいる。忙しいため、なかなか自炊出来ないのである。

「…それで、チャーハンをお作りになられましたの…?」

「ええ。ご主人のご命令ですから…作りましたわよ…」

ペレペレヘカテは、もう一口紅茶を飲んだ。

「それで一言。”うまい!やっぱりチャーハンは火力が命だ!これからも頼んだぞ!”よ…」

一同絶句。

「…そ、それは、あの怪物達と戦うためじゃなくて、料理のためにしか呼び出されないって事かしら…」

割り箸ヘカテは、恐る恐る尋ねた。

「きっとそうね…このままじゃ、料理熟練がGMになりそう…」

ペレペレへカテは料理の本を取り出して、ご主人のために勉強し始めるのであった…


ああヘカテ達よ…希望を捨てないで、頑張りましょ…

 | HOME |  »

プロフィール


かっぱくん

Author:かっぱくん
4サーバー CALLISTOにて生息中の妖怪

頭のお皿は、宇宙から落ちてきた物だと言う噂…



(C)1999-2005 CCR INC, ALL RIGHTS RESERVED. Published by SEGA


最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



過去ログ



カレンダー


09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


ブロとも申請フォーム


この人とブロともになる


ブログ内検索



RSSフィード



リンク


このブログをリンクに追加する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。