RF探検隊

このブログは、かっぱの不思議な小説です。実際のRFでは、こんな話はありません^^; また、登場人物の方々についても、実際の性格を反映している訳ではない事をお伝えしておきます。

  スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  BD(バトルダンジョン)物語

「悩める客」

”カランカラン…”

薄暗い店内が、一瞬外灯の光で明るくなった。

「いらっしゃい。」

ここは、コラHQにひっそりと佇むバー。

毎晩、一日の任務を終えた冒険者達が疲れを癒しにやってくる。

「マスター。いつもの。」

彼が常連となってから、もう幾日の月日が流れたであろうか。

私は、ツーフィンガーのウイスキーを水で割ると、その男にアーモンドチョコを数個入れた小皿とともに差し出した。

男は一口水割りを飲んだ後、独り言のように口を開いた。

「今日は参ったよ…新人と一緒に、いきなり試験だって言われてな…」

私は、グラスを磨きながら男の言葉に耳を傾けていた。

「なんとか面目は保ったけど…社長に叱られちまったよ…」

そこで男は、グイっと残りの水割りを飲み干してしまった。

「マスター、もう一杯くれ!」

余程悔しかったのだろう。男はグラスを乱暴に私に渡すと、アーモンドチョコを一つ口へ運んだ。

「やけ酒は身体によくありませんよ。」

と言いながら、私は先程よりもウイスキーを減らし、水を多めに入れた水割りを渡した。

「ああ。分かっているが、今日は飲まないとやっていられないんだ。」

そして再び、一口で水割りを飲み干してしまった。

だが突然、男が何かに気付いたようだ。

「あれ?マスター今日はどうしたんだ?薄暗くてよく見えなかったが、アザだらけじゃないか。」

バーを開く前、なるべく目立たないように化粧をしていたのだが…

「ああ、これですか。ちょっと人から頼まれごとしましてね。その結果がこれですよ。」

私は顔のアザを撫でながら答えた。

「そうか…マスターも色々大変なんだな。なんかマスターを見ていたら、俺の悩みなんか対した事無いように思えて来たよ。」

「そうですか。こんな私でもお役に立てて嬉しいですね。」

私は無表情で男に水を出した。

「ああ。これからまた頑張ればいいだけなんだ。じゃ、これ勘定。すまなかったな。」

男は水を飲み干すと、小銭をカウンターに置いて立ち上がった。

「ブレイクさんなら頑張れますよ。」

「ああ。ありがとう、Mr.ギャランドゥ。」

私が、彼の仕事場であるBD(バトルダンジョン)で、その試験をした事は決して言えなかった…
スポンサーサイト

  BD(バトルダンジョン)物語

「新人さん、いらっしゃ~い☆ 後編」

ヘビーミートクラッドからボスの操作方法を学ぶ練習だと言われ、訳の分からないままダーククラッドに乗り込んだなすか。

「え~っと、これが前進でこれが…何?この震えるって?」

マニュアルと操作盤を見比べながら確認していると、アナウンスが鳴り響いた。

「なすかさん、お客様が入られました。」

なすかは慌ててマニュアルを足元へ置いて、レバーを握り締めた。

「え、ええ!もう少し時間が欲しかったのに…周りにいる子たち、私を助けてね。」

なすかが操縦しているダーククラッドの周りでは、クラッドがうごめいていた。

なすかの声に、一匹がコクッと頷くと、他のクラッド達も次々と首を縦に動かした。

「さ~て、お客さん!掛かってきなさい!」

心強い?仲間に守られながら、なすかはお客様PTが現れるのを待った。

”キュイ?”

一匹のクラッドが、お客様に気付いた。そしてそのお客様に向かって行こうとしたが…

「…ギュイー!!!!!!」

突然大声で叫んだかと思うと、一瞬のうちに逃げ出してしまった。

それに釣られて、他のクラッド達もあっという間に散り散りとなってしまった。

「なんで!?みんなどうしたの!?」

一人取り残されたなすかは、一人慌てふためいた。

そんななすかの目の前に、一人のお客さんが現れた…

「…はぁ!?な、なんで裸なのよ!?」

そのお客さんは、全く防具を身につけていない、なぜかツインハンドアックスを握り締めた男であった。

筋肉質な身体に、なぜか下着一枚で上半身は裸。いや、エキスパンダーを装着しているので、裸同様と言うべきか。

その男は、ニヤニヤしながらジリジリと迫ってきた。

「い、いや~!!!!!!」

その不気味さに恐れをなしたなすかは、レバーをガチャガチャと乱暴に動かした。

しかし、偶然であろうか。

なすかの操縦するダーククラッドは、ものの見事にその男へ連続攻撃を繰り出し、瞬く間に倒してしまった。

「ぐはぁ…こ、この方は合格です…ぐふ!」

なぜかその男は、右手の親指を立てにっこりと微笑む。

その瞬間。

「はい!なすかさんお疲れ様です。一度休憩しますので転送します。」

「もう!早く休憩させて!」

その男から目を逸らしながら、なすかはアナウンスに叫んだ。

”ブーン…”

ダーククラッドが光の輪に包まれ、一瞬揺らめいたかと思うとBDから姿を消した。

「…あの…もう一人いるんですけど、大丈夫ですか…?」

なすかが消えた事を確認した後、アナウンスの声が恐る恐る倒れている男に尋ねた。

「ふ、ふふふ…私を誰だと思っているんだね?このMrギャランドゥに任せなさい!」



続きを読む »

  BD(バトルダンジョン)物語

「新人さん、いらっしゃ~い☆ 中編」

新たに加わったアルバイトのために、ボスの操作指導を行う事になったのだが…

「社長。指導と言われても練習用のボスロボットなんてありませんよ?」

少々余裕が出てきたとはいえ、あくまでも少々なのである。

「え?そんなのは実践で指導するしかないだろう?今までもそうやってきたんだし。」

ヘビーミートクラッドは、当たり前のように答えた。

「社長。会長の指示を忘れたんですか?現場(BD)には、テストに合格した者のみを出すようにと。」

ダーククラッドは、一枚の紙をヘビーミートクラッドに見せた。

その紙には、操作術のチェック項目が書き連ねてあった。

「ああ、そうだったな。これがチェック項目か…結構細かいな。で、これに合格したアルバイトはいるのか?」

「一応、以前からいるアルバイトたちは全員合格しています。最近入った2人については、指導後にこのテストを行う予定です。」

予定表を確認しながら、ダーククラッドはテキパキと答えた。

「なるほどな…しかし困ったな。どうやって指導をするべきか…」

う~んと唸りはじめたヘビーミートクラッド。

「社長。会長に頼んでみたらいかがでしょうか。」

困った時には、マドラ会長。

ダーククラッドの提案で、早速会長へ連絡をとる事にした。

「なに?練習用のロボットがないだと?ん~…わかった。あいつに頼んでみるか…」

何かを思いついたらしい会長は、ヘビーミートクラッドが質問をする前に、さっさと電話を切ってしまった。

会長が最後につぶやいた、”あいつ”とは?

ロボット操縦術に関する知識がある人物なのだろうか?

「あいつって誰だろう?ダーク、何か知っているか?」

「いいえ。私にもさっぱり…」

しかし、ダーククラッドも知らないようである。

「まあ…会長が言う事だ。心配する必要はないだろう。」

と、突然電話が鳴り響いた。

「はい?あ、会長ですか。え?新人をすぐにBDへ?わ、分かりました。」

ヘビーミートクラッドは、納得のいかない顔を見せながら電話を切った。

「社長、今の電話は?」

「ああ。ロボット指導のために、ある人物に依頼したらしいんだ。で、すぐにBDへ向かわせるようにと…」

「そうですか。なら早速二人を呼んで…」

「いや、私が直接伝えよう。ダーク。私とお前のロボットの準備をしておいてくれ。」

ヘビーミートクラッドは、会長に指示されたBDへバ○ードとなす○を派遣した。

そして…しばらくするとそのBDへ一人の人物が入ってきた。

  BD(バトルダンジョン)物語

「新人さん、いらっしゃ~い☆ 前編」

BD運営も軌道に乗り、経済的にも少々余裕が出てきたBDセンター。

「もう少しアルバイトを増やそうかな?」

ヘビーミートクラッドは、BDの稼働率表を眺めながらつぶやいた。。

「社長!丁度よかった!アルバイト達から、もう少し人員を増やして欲しいと要望があったところです。」

稼働率表を持ってきたダーククラッドは、そんなヘビーミートクラッドのつぶやききを聞き逃さなかった。

現在所属しているアルバイトは、ブ○イク・英○・K○uUraki。

そして遠隔操作機として、ショッピングセンターで稼動しているゲーム機だけである。

「確かに、これではアルバイト達の身体ももたないな。よし!募集を許可する!」

ヘビーミートクラッドの許可をもらったダーククラッドは、早速その他君に頼んで、新規アルバイトを募集。

結果、2名の希望者がやって来た。

「では、早速お名前をお願いします。」

ヘビーミートクラッドが、最初の一人と面接を行う事になった。

「はい。バ○ード(鳥ではありません)と言います。」

一目見た瞬間、ヘビーミートクラッドは直感した。

”で、出来る!合格だ!”

「君、○ラード(豚の脂でもありません)君だったね?合格!」

突然叫ぶヘビーミートクラッドに、バラー○(もうネタ切れです)は驚いた。

「え?ええ!まだ名前しか言っていませんよ!?」

「いや、いいんだ!この私が合格と言ったら合格!」

よく分からないものの、合格した事でバラ○ドは大喜びで面接室を去った。

別の部屋では、会長のマドラが面接を行っていた。

「え~っと、なす○(野菜ではありません)さんでしたっけ?」

履歴書と目の前に座っている○すか(外れではありません)を交互に見ながら、マドラは話を切り出した。

「はい。主婦連合に加盟しているな○か(…ごめんなさい、もう言いません…)です。主にペンチを売っています。」

と言いながら、○すかはポケットからペンチを取り出し、マドラに渡した。

「お?おお!これはあのなすか印のペンチ!なるほど!実は私、このペンチのファンなんです!」

マドラはなぜか感激している。

「ええ!?このペンチのすばらしさが分かるんですか!?」

なす○は立ち上がってマドラの手を握った。

「もちろん!この光沢、そしてまるで手に吸いつけられるようにフィットするこの感触!どれをとっても最高ですよ!」

このまましばらく、ペンチの話題で持ちきりになる。

「はぁはぁ…いや~、いい時間を過ごさせていただきました!な○かさん!合格です!」

息を切らせながら、マドラは履歴書に、ドンッと合格のはんこ押した。

「わ~い!ありがとうございます!」

こうして、新たに2名のアルバイトが加わったのである。

  BD(バトルダンジョン)物語

「アーマードファサーβの悩み 後編」

自分も目立ちたい…悩めるアーマードファサーβ。

早速、他のBD(バトルダンジョン)の観察へと向かった。

「いた~!アーマードホボブレード!」

ホボBDに響く声。挑戦者達が、目的のボスを見つけたようだ。

「いいな~。ブレードさん、すぐに見つかってる。僕と大きさは同じだし…何が違うんだろう?」

アーマードファサーβは、ジーッと見つめる…

そして、ある事に気付いた。

「あ、ああ!色だ、色が違う!そうか!身体の色を変えればいいんだ!」

希望が一つ見つかった。

アーマードファサーβは、早速メンテナンスルームへと移動した。

丁度そこには、会長が技術者と話をしていた。

「おや?ファサーβじゃないか。なにやら急いでいるようだが、何か用か?」

「あ、会長!実は…」

アーマードファサーβは、会長のマドラに事情を話した。

「ふ~ん。今のままの方が、会社としては助かるが…まあ、試してみてもいいよ。」

「ありがとうございます!」

さっそく、技術者はアーマードファサーβの身体にペンキを塗りはじめた。

「わ~い!これで、僕も目立つ事が出来る!」

やがて、真っ赤なボディへと変わったアーマードファサーβは、喜んで仕事へと戻ったのであった。

「ん~。でもあいつだけ変えるのはちょっと不公平だな。」

マドラは、少し考えた後技術者を一人呼んで、なにやら指示を出した。

技術者は早速数人の仲間を連れて、作業へと入った。





「さて…新生アーマードファサーβの姿、とくと味わうがいい!」

意気揚々とBDの中に入ったアーマードファサーβ。

ところが中へ入った瞬間、アーマードファサーβは凍り付いてしまった。

「あ、あれ…?なんでお前たちまで赤色なんだよ…」

なんと、部下のファサー達までも赤色に塗り替えられていたのだ!

「か、会長!変なところに気を使わないで下さいよ…結局また目立てなくなるじゃないか…」

アーマードファサーβは、結局元の色に戻しましたとさ。

 | HOME |  »

プロフィール


かっぱくん

Author:かっぱくん
4サーバー CALLISTOにて生息中の妖怪

頭のお皿は、宇宙から落ちてきた物だと言う噂…



(C)1999-2005 CCR INC, ALL RIGHTS RESERVED. Published by SEGA


最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



過去ログ



カレンダー


05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


ブロとも申請フォーム


この人とブロともになる


ブログ内検索



RSSフィード



リンク


このブログをリンクに追加する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。